コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘーシンク Geesink, Anton

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘーシンク
Geesink, Anton

[生]1934.4.6. ユトレヒト
[没]2010.8.27.ユトレヒト
オランダの柔道家。1961年,日本人以外で初の柔道世界チャンピオンとなり,日本のお家芸という柔道のイメージをオリンピック競技大会の種目にふさわしい国際的競技へと変えることに貢献した。身長 198cm,体重 120kgの巨体をいかしただけでなく,相手を圧倒する強さは日本でのトレーニングと優れた技術のたまものだった。1951~67年にヨーロッパ選手権大会で 21回,世界選手権大会で 1961,1964,1965年の 3回タイトルを獲得,柔道が初めて正式種目に採用された 1964年の東京オリンピック競技大会では,無差別級金メダルを獲得した。柔道に関する著書も数冊ある。ヨーロッパ柔道連盟の名誉会長を務め,2003年には国際柔道連盟 IJFの殿堂入りを果たす。1987年から死去するまで国際オリンピック委員会 IOC委員を務めた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ヘーシンク(Anthonius Geesink)

[1934~2010]オランダの柔道選手。松本安市らに師事し、昭和39年(1964)の東京オリンピックで無差別級金メダルを獲得。引退後もカラー柔道着の導入を提唱したほか、柔道の世界的普及に努めた。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

ヘーシンク

オランダの柔道家。ユトレヒト出身。14歳で柔道を始め,日本でも講道館,天理大などで学ぶ。1961年,第三回世界柔道選手権で並みいる日本の強豪選手を破って優勝。1964年の東京オリンピックの無差別級決勝で,神永昭夫袈裟固め一本勝ちして金メダルを獲得した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

ヘーシンクの関連キーワード神永 昭夫4月6日

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ヘーシンクの関連情報