コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘーシンク ヘーシンク Geesink, Anton

3件 の用語解説(ヘーシンクの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘーシンク
ヘーシンク
Geesink, Anton

[生]1934.4.6. ユトレヒト
[没]2010.8.27.ユトレヒト
オランダの柔道家。1961年,日本人以外で初の柔道世界チャンピオンとなり,日本のお家芸という柔道イメージオリンピック競技大会の種目にふさわしい国際的競技へと変えることに貢献した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ヘーシンク(Anthonius Geesink)

[1934~2010]オランダの柔道選手。松本安市に師事し、昭和39年(1964)の東京オリンピック無差別級金メダルを獲得。引退後もカラー柔道着の導入を提唱するなど、柔道の世界的普及に努めた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ヘーシンク

オランダの柔道家。ユトレヒト出身。14歳で柔道を始め,日本でも講道館,天理大などで学ぶ。1961年,第三回世界柔道選手権で並みいる日本の強豪選手を破って優勝。1964年の東京オリンピックの無差別級決勝で,神永昭夫袈裟固め一本勝ちして金メダルを獲得した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

ヘーシンクの関連キーワードユトレヒトユトレヒト条約ユトレヒト同盟誰一人ユトレヒト交響楽団ユトレヒト古典音楽祭ユトレヒト詩篇《ドルトレヒト規定》ユトレヒト聖堂ユトレヒト天文台

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ヘーシンクの関連情報