コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベアード ベアード Baird, John Logie

4件 の用語解説(ベアードの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベアード
ベアード
Baird, John Logie

[生]1888.8.13. ダンバートン
[没]1946.6.14. ベクスヒルオンシー
イギリスの発明家。テレビジョン遠距離放送を初めて成功させた人として有名。王立技術学校グラスゴー大学を卒業。 1924年にテレビで物の外観を再現し,翌年はっきりした人の顔を送信することに成功。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ベアード(John Logie Baird)

[1888~1946]英国の発明家。機械走査方式による世界最初のテレビジョン装置を発明し、1925年放送に成功した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ベアード【John Logie Baird】

1888~1946) イギリスの発明家。世界最初のテレビジョン装置を発明、放送に成功。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ベアード
べあーど
John Logie Baird
(1888―1946)

イギリスのテレビジョン発明者。牧師の子としてスコットランドのヘレンスバーグに生まれる。グラスゴーの王立テクニカル・カレッジで電気技術を学んだのち、グラスゴー大学にも学んだ。病弱であったため、1922年に電気技術者の職を退き、以後はアマチュアの研究者として画像の伝送技術の研究に没頭した。1925年、機械走査方式により人の顔が識別できる程度の伝送に成功、翌1926年にはロイヤル・インスティチューションで動く画像の伝送実験に成功した。ベアード・テレビジョン開発会社を創設し、1928年にはカラーテレビ実験にも成功、1929年からBBCが開始したテレビの実験放送にも協力、貢献した。[山崎俊雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ベアードの関連キーワードペンバートンマリエンバートランバーサポート八ナンバー車文壇バーダンバートン・オークスブルー・バートンボンバーマンカートランバート・バレエ団ダンバートン・オークス提案

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ベアードの関連情報