コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベアード ベアードBaird, John Logie

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベアード
Baird, John Logie

[生]1888.8.13. ダンバートン
[没]1946.6.14. ベクスヒルオンシー
イギリスの発明家。テレビジョン遠距離放送を初めて成功させた人として有名。王立技術学校グラスゴー大学を卒業。 1924年にテレビで物の外観を再現し,翌年はっきりした人の顔を送信することに成功。 26年ロンドン王立研究所でテレビの公開実験をした。 28年にはカラーテレビの公開実験,46年には立体テレビの研究を完成させるなど,テレビ技術の初期の発展に貢献したほか,赤外線を利用した暗視装置ノクトバイザーの製作 (1927) なども知られている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ベアード(John Logie Baird)

[1888~1946]英国の発明家。機械走査方式による世界最初のテレビジョン装置を発明し、1925年放送に成功した。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ベアード【John Logie Baird】

1888~1946) イギリスの発明家。世界最初のテレビジョン装置を発明、放送に成功。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ベアード
べあーど
John Logie Baird
(1888―1946)

イギリスのテレビジョン発明者。牧師の子としてスコットランドのヘレンスバーグに生まれる。グラスゴーの王立テクニカル・カレッジで電気技術を学んだのち、グラスゴー大学にも学んだ。病弱であったため、1922年に電気技術者の職を退き、以後はアマチュアの研究者として画像の伝送技術の研究に没頭した。1925年、機械走査方式により人の顔が識別できる程度の伝送に成功、翌1926年にはロイヤル・インスティチューションで動く画像の伝送実験に成功した。ベアード・テレビジョン開発会社を創設し、1928年にはカラーテレビ実験にも成功、1929年からBBCが開始したテレビの実験放送にも協力、貢献した。[山崎俊雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ベアードの関連キーワードウィルヘルムウィルヘルム[1世]ヴァン・ヴォルクンバーグオリファントハラタマファビウス二葉亭四迷メチニコフソレー効果水成岩

今日のキーワード

VR蓮舫

民進党・蓮舫代表による国会審議での追及をVR(仮想現実)空間で体験できるゲーム。専用のゴーグルを装着すると映像が流れ、国会の場に立つ総理大臣として蓮舫代表に追及される疑似体験が楽しめる。体験者は器具で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ベアードの関連情報