コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベッコウバチ(鼈甲蜂) ベッコウバチ pomplid wasp

1件 の用語解説(ベッコウバチ(鼈甲蜂)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ベッコウバチ【ベッコウバチ(鼈甲蜂) pomplid wasp】

膜翅目ベッコウバチ上科Pomploideaの昆虫の総称。体長7~30mm。若干の寄生性のものを除いていずれの種も,クモを狩って房室に蓄え,幼虫を育てるカリバチ(狩蜂)である。巣としては,木の洞,石垣の隙間,地表の小さな空洞や穴などを利用するものや,土中にみずから坑を掘る種類などがある。ヒメベッコウバチ属Auplopusの種だけは,ベッコウバチとしては例外で,泥でビール樽形の容器をつくったり,竹筒に泥で仕切った房室を設ける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ベッコウバチ(鼈甲蜂)の関連キーワード狩人蜂コバチ膜翅類小蜂鼈甲飴鼈甲色鼈甲蜂べっかっこう鼈甲漬鼈甲蠅

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone