ベビーシッター(英語表記)babysitter

翻訳|babysitter

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベビーシッター
babysitter

親の代りに乳幼児の面倒をみる人。女性の社会進出や核家族化などを背景に,近年利用者がふえている。欧米では学生のアルバイトとして定着しているが,日本では業者に依頼する場合が多い。サービス内容は,あくまで母親に代って乳幼児世話をする在来型,出産後の母親とともに育児の手伝いをするタイプ,さらに家庭教師的役割まで付加したタイプに分けられる。ベビーシッターの担い手としては保育士などの有資格者,子育ての経験者,大学生など,経験や経歴も多様で勤務形態も違う。業者の規制もなく,規模にもレベルにもばらつきがあることから,1989年ベビーシッターの質的向上,業者の健全な発展などを目的に全国ベビーシッター協会が発足,当時の厚生省も初めてベビーシッター調査研究事業費を計上した。通産省,労働省のほか厚生省が乗出した背景には,対応が遅れ多くの事故を起したベビーホテルへの反省がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ベビーシッター

保護者が何らかの理由で子どもの世話ができない場合,かわりに世話をする人またはそのサービス。高校生のアルバイトなどが多い米国と比べ,日本では育児・看護・教育などの経験者が多く料金も比較的高い。既婚女性の就労が高まるなか,保育時間の延長や夜間の保育,乳児・病児の保育がなかなか進まないことで,ベビーシッターの利用は1980年代後半から急増している。厚生省は1989年度にベビーシッターの調査・研究事業を初めて予算化し,同年10月には全国ベビーシッター協会が設立された(1991年より社団法人)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ベビーシッター【baby-sitter】

親が外出している間など、その幼児の世話をする人。子守り。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ベビーシッター
べびーしったー
babysitter

親の不在時に、かわりに家庭で子供の保育にあたる人をいう。アメリカではすでに長い歴史をもち、とくに高校生や大学生にとってよいアルバイトになっている。それは、両親がそろって社交の場に出る機会が多く、高校生らには時間的な余裕があるので、需要と供給のバランスが保たれているからである。個人的な契約が多いが、紹介所もある。わが国では、1973年(昭和48)に初めて私設のサービス機関が設立されたが、多くは育児経験のある人がそれに登録して、需要に応じている。[平井信義]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ベビー‐シッター

〘名〙 (baby-sitter) 親が外出する際、雇われて子守りと留守番をする人。
※栂の夢(1971)〈大庭みな子〉一「高校生の少女をベイビイ・シッターに頼んで」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ベビーシッターの関連情報