コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベルコール Vercors

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベルコール
Vercors

[生]1902.2.26. パリ
[没]1991.6.10. パリ
フランスの小説家。本名 Jean Bruller。エコール・アルザシエンヌ,次いでパリ大学に学んだ。挿絵画家であったが,1940年ドイツ軍のフランス占領とともに絵筆を捨て,1941年夏,抵抗文学の最も多産な母体となった「深夜叢書」 Éditions de minuitの創設者の一人として,その第1巻『海の沈黙』 Le Silence de la mer (1942) をベルコールの名で発表,2巻目『星への歩み』 La Marche à l'étoile (1943) ,戦後発表された『夜の武器』 Les Armes de la nuit (1946) はいずれもナチスとペタン政権の非人間性を犠牲者の側から描いた一人称の物語 (レシ ) である。ほかに,小説『夢』 Le Songe (1943) ,『目と光』 Les Yeux et la lumière (1948) ,『昼の力』 La Puissance de jour (1951) ,『人獣裁判』 Les Animaux dénaturés (1952) ,『わたしがアリスチード・ブリヤンだ』 Moi,Ariside Briand (1981) ,随筆『祖国の苦しみ』 Souffrance de mon pays (1945) ,『友情の肖像』 Portrait d'une amitié (1945) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ベルコール
べるこーる
Vercors
(1902―1991)

フランスの小説家、エッセイスト。本名はJean Bruller。筆名は、南フランスの有名な対独レジスタンス運動の根拠地名にあやかったもの。パリ生まれ。エンジニア、挿絵画家を経て第二次世界大戦中、ナチス・ドイツ占領下に友人と地下出版深夜双書」を始め、その第一巻の短編小説『海の沈黙』でデビュー。戦後も、とりわけ1940、50年代を最盛期に、ユニークなヒューマニスト作家として活躍している。小説ではほかに同双書第二巻としてやはり非合法出版された第二作『星への歩み』(1943)や、戦後では『夜の武器』(1946)、『昼の力』(1951)といった短編、のちに自ら『動物園』の題で劇化(1964初演)した長編『人獣裁判』(1952)などの評判が高い。エッセイでは『時の砂』(1945)、『多かれ少なかれ人間』(1949)などが注目される。
 彼をヒューマニスト作家というのは、彼の作品には一貫して、アクチュアルに時代に密着しながらも、いわばレジスタンスの精神に忠実に人間性擁護の姿勢が際だつからにほかならない。「抵抗作家」の名は、なによりも彼にこそふさわしいといっていいだろう。近作に『航跡』(1972)、『兄弟のように』(1973)、自筆の挿絵を入れた料理の手引書『わたしは料理長』(1976)などがある。[渡辺 淳]
『河野与一・加藤周一訳『海の沈黙・星への歩み』(岩波文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

20世紀西洋人名事典の解説

ベルコール
Vercors


1902.2.26 - 1991.6.10
フランスの小説家,画家。
パリ生まれ。
挿絵画家としてスタートし、1942年「深夜叢書」を地下出版。作品は一貫してアクチュアルに時代に密着しながら、レジスタンスの精神に忠実に人間性擁護の姿勢を強く打ち出しており、抵抗文学の中心作家となる。’52年から全国作家委員会会長。後名誉会長となる。作品はほかにデビュー作「海の沈黙」(’42年)、「夜の武器」(’46年)、「眼と光」(’48年)、長編「人獣裁判」(’52年)、戯曲「動物園」(’63年)などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

世界大百科事典内のベルコールの言及

【マキ】より

…彼らはマキに入った者の意味でマキザールmaquisardと呼ばれ,また,こうした活動に入った人びとを総称してマキと呼ぶようになった。フランス南東部のベルコールの山岳地帯でドイツ軍の包囲を受けて戦い全滅したベルコールのマキなどの名がよく知られている。レジスタンス【加藤 晴康】。…

【レジスタンス文学】より

… 非合法雑誌を代表するのは〈全国作家委員会〉の機関紙としてドクールJacques Decour(1910‐42),ポーランの手で42年9月創刊された《レットル・フランセーズ》であり,その他《ポエジー40》(年とともに41,42…と改称),エリュアールを中心とする《レテルネル・ルビュ》誌などがあったが,アルジェで刊行された《フォンテーヌ》誌,A.ベガンがスイスで出しはじめて50点を数えた〈カイエ・デュ・ローヌ叢書〉の果たした役割も見落としえない。また42年8月ベルコールVercors(1902‐91)の《海の沈黙》の刊行により開始された,ベルコール,レスキュールPierre de Lescure(1891‐1963),ポーランの〈深夜叢書〉は,アラゴン,F.モーリヤック,トリオレElsa Triolet(1896‐1970),カスーJean Cassou(1897‐1986),バンダ,ゲーノ,ジッドらの作品を作者を匿名として44冊世に送った。このようにして作家も出版者も一身の安全を犠牲にして活字とした作品は,いずれもドイツの抑圧への抵抗と人間の普遍的価値の擁護をそれぞれの政治的・思想的立場をこえて訴えるものであって,大革命以来のフランス精神の伝統的姿を伝え感動的である。…

※「ベルコール」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ベルコールの関連キーワードメルビル(Jeanマリウシュ クヴィエチェンJ.P. メルビルサン・ポル・ルーレジスタンス文学イゼール[川]イゼール川プレボーアルプス

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ベルコールの関連情報