ベルホヤンスク山脈(読み)ベルホヤンスクさんみゃく(英語表記)Verkhoyansky khrebet

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベルホヤンスク山脈
ベルホヤンスクさんみゃく
Verkhoyansky khrebet

ロシア東部,サハ共和国にある山脈。レナ川とその支流アルダン川の流路にほぼ沿って,その右岸に,レナ川三角州からアルダン川支流トンポ川まで約 1200kmにわたって弧状に延びる。幅は 100~250km。レナ=アルダン川水系と,オモロイ,ヤナ,インジギルカ各川の水系の分水嶺をなす。砂岩,石灰岩,頁岩,石英岩,花崗岩から成る。平均標高が 1000mをこえる程度の中山性の山脈で,中北部に最高点 (2389m) がある。レナ川,アルダン川に面する斜面は急傾斜するが,反対側の斜面はなだらかである。山頂と北部はツンドラで,低いところと南に向うにつれて低木,カラマツの疎林となり,南西斜面にはモミ林がみられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ベルホヤンスク山脈
べるほやんすくさんみゃく
Верхоянский Хребет Verhoyanskiy Hrebet 

ロシア連邦、東シベリア北部、サハ共和国中央部にある山脈。全長約1200キロメートル、最高点は標高2389メートル。古生代ペルム紀から中生代ジュラ紀にかけての砂岩、片岩、石灰岩、泥岩などからなり、斜面は砕屑(さいせつ)土で山岳ツンドラを呈する。南極大陸を除くと世界でもっとも寒冷な地域で、1月の平均気温は零下36~38℃である。[津沢正晴]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android