ベルリン・ドイツ・オペラ(読み)べるりんどいつおぺら

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ベルリン・ドイツ・オペラ
べるりんどいつおぺら
Deutsche Oper Berlin

ベルリンの歌劇場。1912年シャルロッテンブルク・ドイツ歌劇場の名で、当時はベルリン市外のシャルロッテンブルクに開設された歌劇場が起源。1930年代は従来のベルリン国立歌劇場と覇を競ったが、1943年爆撃で破壊された。現称のもとに新歌劇場が旧西ベルリンに開場したのは1961年だが、この間も上演は他劇場を使って続行され、フリッチャイベームらが指揮するとともに、モーツァルトの全歌劇のレパートリー化、現代作品の初演が進められた。なかでもシェルヘン指揮、ゼルナー演出によるシェーンベルク『モーゼとアーロン』のドイツ初演(1959)は話題となった。また作曲家リヒャルト・ワーグナーの孫であるウィーラント・ワーグナーWieland Wagner(1917―1966)の演出でベーム指揮によるワーグナー『トリスタンとイゾルデ』上演は、この歌劇場の名をバイロイト祝祭劇場にちなんで「新バイロイト」とよばれるまでに高めた。再建後は、1961年以降ゼルナー、1972年以降ゼーフェルナーEgon Seefehlner(1912―1997)、1976年以降パルムSiegfried Palm(1927― )についで、1981年以後はゲッツ・フリードリヒGots Friedrich(1930―2000)が総監督を務めた。そして、ベーム、ホルライザーHeinrich Hollreiser(1913― )らによる指揮に加え、1963年音楽監督にマゼールが就任、その地位は1981年から1990年までロペス・コボスを経て、1997年からティーレマンChristian Thielemann(1959― )に受け継がれた。開設から36年間に60作品の世界初演を実現、また20世紀の重要作品のドイツ初演にも力を注いだ。とりわけ作曲家ヘンツェHans Werner Henze(1926―2012)作品の上演は名高い。1963年(昭和38)東京・日生劇場の開場記念公演で初来日。また1987年、東京と横浜で行われた同歌劇場によるワーグナー作『ニーベルングの指輪(ゆびわ)』上演は、同作品の日本における完全な上演の最初であった。[美山良夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のベルリン・ドイツ・オペラの言及

【オペラ】より

…1919年国立歌劇場となる。 ベルリン・ドイツ・オペラDeutsche Oper Berlin(West)1912年11月12日開場,初演ベートーベン《フィデリオ》。1961年新劇場完成,建築設計F.ボルネマン。…

※「ベルリン・ドイツ・オペラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ベルリン・ドイツ・オペラの関連情報