ベルリン国際映画祭(読み)ベルリンこくさいえいがさい(英語表記)Internationale Filmfestspiele Berlin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベルリン国際映画祭
ベルリンこくさいえいがさい
Internationale Filmfestspiele Berlin

1951年,当時のベルリン市長 W.ブラントの肝入りで始まった国際映画祭。華やかさにおいてカンヌやベネチアよりやや劣るが,回顧特集などの企画上映は充実しているといわれている。また,コンペティション部門とは別に,革新的な作品を集中上映する「新しい映画の国際フォーラム」という部門などがある。日本映画では,63年に『武士道残酷物語』,2002年に『千と千尋の神隠し』がグランプリの金熊賞を獲得したのをはじめ,『ウンタマギルー』 (89年) がカリガリ映画賞を,『利休』 (89年) が国際アートシネマ協会賞を受けるなど,この映画祭での受賞作品は多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ベルリン‐こくさいえいがさい〔‐コクサイエイグワサイ〕【ベルリン国際映画祭】

ドイツの都市ベルリンで毎年2月に開催される国際映画祭。第1回は1951年に西ベルリンで開かれた。最高賞は金熊賞。社会派の作品を採り上げることが多い。カンヌベネチアとともに世界三大映画祭とされる。
[補説]ベルリン国際映画祭で最高賞(金熊賞)を受賞した日本映画
受賞年受賞作品監督名
1963年「武士道残酷物語」今井正
2002年「千と千尋の神隠し」宮崎駿

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ベルリン国際映画祭【ベルリンこくさいえいがさい】

ドイツのベルリンで毎年2月に開催される国際映画祭。カンヌ国際映画祭ベネチア国際映画祭とともに世界三大映画祭の一つでもある。金熊賞,銀熊賞などがある。日本映画の主な受賞作に今井正監督《武士道残酷物語》(第13回金熊賞受賞),宮崎駿監督《千と千尋の神隠し》(第52回金熊賞受賞)がある。
→関連項目ロージ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界の祭り・イベントガイドの解説

ベルリンこくさいえいがさい【ベルリン国際映画祭】

ドイツの首都ベルリンで開催される国際映画祭。カンヌ国際映画祭べネチア国際映画祭とともに「世界3大映画祭」とされる。最高賞はコンペティション部門の金熊賞(Goldener B\"{a}r)。ほかに国際短編映画部門、4歳以上が対象のGeneration Kplus部門、14歳以上が対象のGeneration 14plus部門、パノラマ部門、フォーラム部門などがある。日本の作品も多数受賞している。2002年に宮崎駿監督の『千と千尋の神隠し』が金熊賞を受賞した。第1回が開催されたのは1951年。毎年2月に開催される。

出典 講談社世界の祭り・イベントガイドについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ベルリン国際映画祭
べるりんこくさいえいがさい
International Filmfestspiele Berlin

国際映画製作者連盟(FIAPF)公認の国際映画祭で、カンヌ国際映画祭、ベネチア国際映画祭と並ぶ世界三大映画祭の一つ。ドイツのベルリンで毎年2月に開催される。1951年、当時のベルリン市長ウィリー・ブラントの肝入りで始まった映画祭。華やかさにおいてカンヌやベネチアよりやや劣るが、企画上映は充実しており、正式参加部門とは別に組まれる回顧特集や、実験的な作品が数多く集まる「フォーラム」部門などで独自性を発揮している。日本映画の受賞は多く、これまで大賞にあたる金熊賞を今井正(いまいただし)の『武士道残酷物語』(1963)と宮崎駿(みやざきはやお)の『千と千尋(ちひろ)の神隠し』(2001)が獲得。銀熊賞では、今井の『純愛物語』(1957)と黒澤明の『隠し砦(とりで)の三悪人』(1958)が監督賞、熊井啓(くまいけい)の『サンダカン八番娼館(しょうかん) 望郷』(1974)が女優賞、篠田正浩(しのだまさひろ)の『鑓(やり)の権三(ごんざ)』(1986)が「非凡な芸術的成果に対する」賞、熊井の『海と毒薬』(1986)が審査員特別賞、東陽一の『絵の中のぼく』(1996)が「突出した個人的業績に対する」賞を受賞。ほかにも小川紳介(おがわしんすけ)の『ニッポン国 古屋敷村』(1982)が国際批評家連盟賞、原一男(はらかずお)(1945― )の『ゆきゆきて、神軍』(1987)と高嶺剛(たかみねごう)(1948― )の『ウンタマギルー』(1989)がカリガリ映画賞、勅使河原宏(てしがわらひろし)の『利休』(1989)と小栗康平(おぐりこうへい)の『眠る男』(1996)が国際芸術映画連盟賞、園子温(そのしおん)(1961― )の『愛のむきだし』(2008)が国際批評家連盟賞とカリガリ映画賞、行定勲(ゆきさだいさお)(1968― )の『パレード』(2010)と瀬々敬久(ぜぜたかひさ)(1960― )の『ヘヴンズ ストーリー』(2010)がともに国際批評家連盟賞を受けている。[奥村 賢]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

統合型リゾート(IR)

Integrated Resortの略で、カジノや劇場、ホテルなどが一体となった施設。国会の超党派議員が提出したカジノ解禁法案はIRの整備を後押しする基本法案で、2014年に趣旨説明と質疑が行われたも...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ベルリン国際映画祭の関連情報