コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペルト

百科事典マイペディアの解説

ペルト

エストニア出身の作曲家。ラジオ局の音響技師として働きながらタリン音楽院に学ぶ。12音技法(十二音音楽)その他の前衛的技法を用いた作品を発表後,1960年代後半からマショージョスカン・デ・プレなど中世・ルネサンスの合唱音楽を研究。
→関連項目カンチェリキリスト教音楽グレツキスタバト・マーテル

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ピティナ・ピアノ曲事典(作曲者)の解説

ペルト

エストニアの作曲家。プロコフィエフやショスタコーヴィチの影響を受けたところから始まり、関心が厳格なセリー技法へと移っていった。東方教会や中世の音楽にも関心を示し、独自の手法を編み出した。自ら「ティン ...続き

出典 (社)全日本ピアノ指導者協会ピティナ・ピアノ曲事典(作曲者)について 情報

ペルトの関連キーワードミルメカイトアンチペルト石ソフィア グバイドゥーリナジェイムス マッケンジークロノス・カルテットバイパーシテイック岩L.A. ペルトンアイソパーサイトノンベルク尼僧院アンチパーサイトリンナンコスキアンチペルト石輝石パーサイトムーンストーン過去のない男レパートリーペルトン水車衝動タービンティリライトパーソサイト偽パーサイト

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android