コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペルト

2件 の用語解説(ペルトの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ペルト

エストニア出身の作曲家。ラジオ局の音響技師として働きながらタリン音楽院に学ぶ。12音技法十二音音楽)その他の前衛的技法を用いた作品を発表後,1960年代後半からマショージョスカン・デ・プレなど中世・ルネサンス合唱音楽を研究。
→関連項目カンチェリキリスト教音楽グレツキスタバト・マーテル

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

ピティナ・ピアノ曲事典(作曲者)の解説

ペルト

エストニアの作曲家。プロコフィエフショスタコーヴィチの影響を受けたところから始まり、関心が厳格なセリー技法へと移っていった。東方教会や中世の音楽にも関心を示し、独自の手法を編み出した。自ら「ティン ...続き

出典|(社)全日本ピアノ指導者協会
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ペルトの関連キーワードエストラジオールメノッティNRNトッホクールバーグコリア, チックババジャニンポルドマエミハロヴィチレーヴ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ペルトの関連情報