コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペロポネソス半島 ペロポネソスはんとう

百科事典マイペディアの解説

ペロポネソス半島【ペロポネソスはんとう】

ギリシア南部の半島で,バルカン半島の最南端をなす。大陸部とは幅7〜8kmのコリントス地峡でつながる。約2万km2で,ギリシア総面積の6分の1を占める。内陸部は山地,丘陵が多く,牧畜を主とした過疎化地域。
→関連項目イオニア[諸島]ペロポネソス戦争

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ペロポネソスはんとう【ペロポネソス半島 Pelopónnisos】

ギリシア南部にあって,バルカン半島の最南端を形成する半島。古代ギリシア語の綴りではPeloponnēsos。東西,南北ともに約230km,面積約2万1500km2でギリシア全土の16%を占める。北東端において幅わずか6kmのコリントス地峡でギリシア本土とつながり,北では細く入り込んだコリントス湾をへだてて本土に対峙する。東はアルゴリス湾を経てエーゲ海に通ずる。人口約110万。全体に山が多く,海岸にまで迫っていて,平野はごくわずかしかない。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ペロポネソス半島
ペロポネソスはんとう

ペロポニソス半島」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ペロポネソス半島
ぺろぽねそすはんとう
Peloponnisos

ギリシア本土南部を構成する半島。コリント地峡によりかろうじて本土につながっているが、東をエーゲ海、南西をイオニア海、北をパトレー湾とコリント湾に囲まれ、ほぼ島状の形をしている。7県に分かれる大行政区を構成し、面積2万1439平方キロメートル、人口116万6000(2003推計)。その名は古代ギリシア人が「ペローポス(神話上の英雄)の島」とよんだことに由来する。ビザンティン帝国時代(4~15世紀)には、その形状からモレアMorea(「桑の葉」の意)と称された。全体に山がちだが、エリス、メッセニアには肥沃(ひよく)な平野が広がる。典型的な地中海式農業地帯で、穀類、ワイン、オリーブ油、柑橘(かんきつ)類、イチジクが特産。牧畜も盛んで畜産物も多い。1821年ギリシアの独立戦争にいち早く参加し、1832年成立の王国領に入った。パトレー、カラマタ、コリント、ピルゴスが交易の中心。[真下とも子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ペロポネソス半島の関連キーワードクリストスエルコメノス教会アポロン・エピクリオス神殿クリサフィティッサ教会ペリブレプトス修道院マンティネイアの戦いアクロナフプリア要塞アフェンティコ教会パサロウィッツ条約パンタナサ修道院イオニア[諸島]ナバリノの海戦フィリペイオンArkadiaレオニダイオンミュケナイ文明エピダウロスドーリス方言アルカディアアカイア同盟ティリュンス

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android