コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホイットビー宗教会議 ホイットビーしゅうきょうかいぎ Whitby, Synod of

2件 の用語解説(ホイットビー宗教会議の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホイットビー宗教会議
ホイットビーしゅうきょうかいぎ
Whitby, Synod of

663年または 664年にイギリスホイットビー開かれた公会議ノーサンブリアオスウィが招集。ケルトカトリックローマ系カトリックのいずれをとるべきかで論議が戦わされたが,後者に決定。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ホイットビー宗教会議
ほいっとびーしゅうきょうかいぎ

663年(または664年)に、ブリテン島のケルト系教会とローマ系教会との一致を図るため招集された教会会議ホイットビーWhitbyはブリテン島東部の開催地。ブリテン島のキリスト教化は、北方からのアイルランド(ケルト)系教会と南方からのローマ系教会によって行われた。したがって両教会の衝突は必然で、両者の基本的な生活慣習(復活祭の日取りと剃髪(ていはつ)方法)の相違から、論争という形式をとって発現した。この会議は、ノーサンブリアの国王オスウィとその王太子アルクフリッドによって招集された。席上アイルランド側を代表するコルマンとローマ側を代表するウィルフリッドとが論争し、敗れたコルマンはリンディスファーン修道院を去った。ウィルフリッドはケルト系のリポン修道院の院長に任ぜられ、ローマ方式を導入したため、修道士たちは故国に帰った。この会議は、ローマ系イングランド教会の台頭と統一を告げる歴史的に重要な転換を示すものとして、また個人的、精神的なケルト教会に対する政治的、組織的なローマ教会の勝利としてみることもできる。[朝倉文市]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ホイットビー宗教会議の関連キーワードイギリス革命イギリスオランダ戦争英国イギリス巻イギリスパンブッカー賞イギリス室内管弦楽団イギリスの名車Miniバースデーの日アウグスティヌス[カンタベリーの]イギリス鞍 (English saddle)

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone