コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホイートストンブリッジ

百科事典マイペディアの解説

ホイートストンブリッジ

電気抵抗の精密測定などに用いられるブリッジ回路。大きさR1,R2,R3,R4の抵抗を順につないで回路をつくり,R1・R4の接点とR2・R3の接点の間に電池をつなぎ,R1・R2の接点とR3・R4の接点の間に検流計をつなぐと,R1/R4=R2/R3のとき検流計に電流が流れない。
→関連項目ホイートストンボロメーター

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ホイートストンブリッジ【Wheatstone bridge】

もっとも基本的なブリッジ回路で,図のように4辺がすべて抵抗からなるもの。4辺の抵抗値の間にR1R2R3R4(または同じことであるがR1R4R2R3)の関係があれば,検流計Dには電流が流れなくなるから,これを利用して,以下のように抵抗の精密測定を行うことができる。今,R1が未知の抵抗,R2が正確な値のわかっている標準抵抗,R3,R4R3R4の比が精密に調整可能な可変抵抗とする。はじめはR1R2がわからないから見当をつけてR3R4をこの値近くに設定する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ホイートストンブリッジ
ほいーとすとんぶりっじ

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のホイートストンブリッジの言及

【電気計測】より


[インピーダンス測定]
 抵抗の簡易測定にはテスター,抵抗計が用いられ,また電圧計と電流計を用いて電圧/電流の比として抵抗を求める方法がある。精密測定法としては,電位差計による二つの抵抗比較で,ホイートストンブリッジ,ケルビンダブルブリッジ,電流比較形ブリッジが用いられる。ホイートストンブリッジは図1に示すように4個の抵抗からなり,検出器Gが0を指示するようにAを調節すれば未知抵抗Xは,XSA/Bとして求められる。…

※「ホイートストンブリッジ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ホイートストンブリッジの関連キーワードウェストン電池ロードセル電気計測抵抗器PO箱

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android