コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホキ ホキ

大辞林 第三版の解説

ホキ【hoki】

タラ目メルルーサ科の海魚。体長約1メートル。体は側扁し、体色は青く、銀色の光沢をもつ。ニュージーランド沖に生息。白身で軟らかく、かまぼこなどにする。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

栄養・生化学辞典の解説

ホキ

 [Macruronus novaeze landiae].タラ目マクルロヌス科の海産魚.全長1.3mになる.食用にする.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ホキ
ほき
hokiwhiptailblue grenadier
[学]Macruronus novaezelandiae

硬骨魚綱タラ目メルルーサ科Merlucciidaeに属する海水魚。ニュージーランド沖、南オーストラリアに分布し、水深200~800メートルの海底にすむ。体はよく側扁(そくへん)し、尾部は紐(ひも)状に延長する。口は大きく、その後端は目の中央下に達する。頭は小さく、眼下部がまったく隆起しない。下顎(かがく)の下面にひげがない。背びれ、臀(しり)びれは尾びれと連接する。体の背面は暗青色、側面と腹面は青みがかった白色で、全体が銀色に光る。腹びれを除くほかのひれは黒い。1~2歳までは大陸棚に、未成魚は大陸棚斜面にすみ、やがてより深いところへ移住する。魚食性でおもにハダカイワシ類を、そのほか小エビ類、端脚類(たんきゃくるい)、オキアミ類などを食べる。1年で26センチメートル、3年で50センチメートル、4年で60センチメートルに成長する。雄では60センチメートル、雌では68センチメートルで成熟する。産卵期は7~8月。寿命は12~15年。全長130センチメートルぐらいになる。トロールで漁獲され、惣菜用の切身、すり身の原料になる。[落合 明・尼岡邦夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ホキの関連キーワード遠位性ミオパチー(末梢性ミオパチー)ミラー(Henry Miller)カホキア・マウンドクレアチンキナーゼチオ硫酸ナトリウムヘンリー ミラー筋ジストロフィーチアミン一リン酸ウェストコーストファイトケミカルチアミン三リン酸カホキア墳丘群遠洋底引網漁業有機硫黄化合物大歩危・小歩危心筋梗塞(症)プロトン性溶媒二条河原落書スルホキシド硫化ジエチル

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ホキの関連情報