コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホシムシ

2件 の用語解説(ホシムシの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ホシムシ

星口動物門に属する無脊椎動物の総称。体長数mm〜約50cmの細長い円筒状。口の周囲には短い触手が並び,砂泥中などの有機物を食べる。世界中の海に産し,潮間帯から深海の岩の間や砂泥底やサンゴ礁の中に穴を掘ってすむ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ホシムシ
ほしむし / 星虫
peanut worm

星口(ほしぐち)動物門に属する種類の総称、またはそのなかの一種。すべて海産で、石の下、岩の裂け目、海藻の根の間、巻き貝やツノガイなど死んだ貝殻の中などいろいろな場所にすみ、ほかの動物に寄生するものもある。
 体は細長い円筒形で、長さは2~20センチメートルのものが多いが、外国では60センチメートルぐらいになるものもある。体は前方の吻(ふん)部といくらか太い体幹部とからなる。体の表面は乳頭突起で覆われていて、なかには乳頭の上に小さなキチン質の小板をもつものもある。体節はない。吻は体内に引っ込めることができ、その先端にある口の周囲にはいろいろな形の触手が配列している。触手の中には中空の管があって、これが消化管に沿って後方に伸び、触手器官とよばれている。吻の表面には環状あるいは不規則に並んだ棘(とげ)や鉤(かぎ)をもつものが多い。消化管は、口、食道、腸に続き、腸は一度体の後端まで下がるが、ふたたび反転して上に向かい、体幹の前方背面に肛門(こうもん)として開く。血管系はないが、体腔(たいこう)内には赤血球や変形細胞を浮かべた体腔液が満たされている。雌雄異体であるが、外部から雌雄を区別できない。成熟した卵が腎管(じんかん)内に満たされると、夜間あるいは早朝に勢いよく海中に放出される。同時に雄も精子を放出し、海中で受精する。トロコフォラ幼生になって浮遊生活後、変態して底生生活に入る。
 世界で約300種、日本には約60種が知られているが、人間生活とはあまり関係はなく、日本ではスジホシムシSipunculus nudusをタイ、スズキ、カレイ、コチなどの釣り餌(え)にしている。
 種のホシムシGolfingia ikedaiは、イケダホシムシともよばれ、体長5センチメートル内外、体表には多くの皮膚乳頭が密生する。東京湾以南に分布し、潮間帯の砂礫(されき)底にすむ。[今島 実]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ホシムシの関連キーワード旧口動物後生動物肛門新口動物脊索動物星口動物無脊椎動物触覚器官軟体類微胞子虫目

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone