コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホスファゲン ホスファゲン phosphagen

5件 の用語解説(ホスファゲンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホスファゲン
ホスファゲン
phosphagen

筋肉が収縮した際に多量に消費されるアデノシン三リン酸 ATPの再補充のため, の形をとって筋肉中に備蓄されている高エネルギーリン酸化合物の総称。いずれもグアニジンリン酸誘導体の形をもつ物質。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ホスファゲン(phosphagen)

生体内、特に筋肉にあってエネルギーを供給・貯蔵する高エネルギー燐酸(りんさん)化合物の総称。クレアチン燐酸アルギニン燐酸など。燐酸源。フォスファーゲン

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ホスファゲン

リン酸源とも。生体内,特に筋肉に含まれるエネルギー貯蔵物質の総称。グアニジン基にリン酸が結合した高エネルギー結合をもち,必要に応じ,ADPにリン酸を転移してATPを生産する。
→関連項目クレアチンリン(燐)酸

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ホスファゲン【phosphagen】

リン酸源の意味で,生体内におけるエネルギーの貯蔵のためにつくられる高エネルギーリン酸化合物の総称。脊椎動物の筋肉や神経組織に存在するホスホクレアチンphosphocreatineや無脊椎動物に存在するホスホアルギニンphosphoarginineが代表的なものであるが,そのほかにもホスホグアニジノ酢酸やN′‐ホスホグアニジノエチルメチルリン酸なども存在する。これらはすべてグアニジンリン酸の形で高エネルギーリン酸結合をもっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ホスファゲン【phosphagen】

細胞内でエネルギーを貯蔵するリン酸化合物の総称。代表的なものは、脊椎動物の筋・神経組織などにあるクレアチンリン酸や、無脊椎動物にあるアルギニンリン酸。筋収縮などでエネルギーを大量に消費するとき、貯蔵しているエネルギーを放出し、 ADP を ATP に転換し続ける。リン酸源。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ホスファゲンの関連キーワード核エネルギー高エネルギーリン酸結合ピロリン酸ポテンシャルエネルギー高エネルギー燐酸結合高エネルギー燐酸化合物ローカルエネルギーエネルギー学脂肪エネルギー比生産のエネルギー

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone