コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホスファゲン ホスファゲンphosphagen

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホスファゲン
phosphagen

筋肉が収縮した際に多量に消費されるアデノシン三リン酸 ATPの再補充のため, の形をとって筋肉中に備蓄されている高エネルギーリン酸化合物の総称。いずれもグアニジンリン酸誘導体の形をもつ物質。 の反応で ATP を補い,また ATPと X から合成もされる。脊椎動物でのホスファゲンはクレアチンリン酸である。無脊椎動物では,一部にクレアチンリン酸もあるが,アルギニンリン酸が代表的で,そのほかグリコシアミンリン酸,タウロシアミンリン酸など,多くの種類があり,特に環形動物で,それらの分布や代謝について研究が進んでいる。イギリスの E.ボールドウィンは 1940年代に,脊椎動物にはクレアチンリン酸,無脊椎動物にはアルギニンリン酸が存在し,脊椎動物の遠い源と考えられる棘皮動物には両者が共存すると指摘した。無脊椎動物については,その後知識は大いに改訂されたが,進化への関心をもってするホスファゲン研究という今日の流れは,ボールドウィンに始る。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ホスファゲン

リン酸源とも。生体内,特に筋肉に含まれるエネルギー貯蔵物質の総称。グアニジン基にリン酸が結合した高エネルギー結合をもち,必要に応じ,ADPにリン酸を転移してATPを生産する。
→関連項目クレアチンリン(燐)酸

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ホスファゲン【phosphagen】

リン酸源の意味で,生体内におけるエネルギーの貯蔵のためにつくられる高エネルギーリン酸化合物の総称。脊椎動物の筋肉や神経組織に存在するホスホクレアチンphosphocreatineや無脊椎動物に存在するホスホアルギニンphosphoarginineが代表的なものであるが,そのほかにもホスホグアニジノ酢酸やN′‐ホスホグアニジノエチルメチルリン酸なども存在する。これらはすべてグアニジンリン酸の形で高エネルギーリン酸結合をもっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ホスファゲン【phosphagen】

細胞内でエネルギーを貯蔵するリン酸化合物の総称。代表的なものは、脊椎動物の筋・神経組織などにあるクレアチンリン酸や、無脊椎動物にあるアルギニンリン酸。筋収縮などでエネルギーを大量に消費するとき、貯蔵しているエネルギーを放出し、 ADP を ATP に転換し続ける。リン酸源。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ホスファゲンの関連キーワードアルギニンリン酸(アルギニン燐酸)クレアチンリン酸(クレアチン燐酸)クレアチンリン(燐)酸高エネルギー燐酸化合物リン酸源筋収縮りん

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android