ホスファターゼ(英語表記)phosphatase

世界大百科事典 第2版の解説

リン酸エステル結合の加水分解反応を触媒する酵素の総称。多くの生物に存在する。リン酸モノエステルやリン酸ジエステルに働くものとして,それぞれホスホモノエステラーゼホスホジエステラーゼなどがある。ポリリン酸に働くものとしてATPアーゼ,ピロホスファターゼなどがあり,前者はエネルギー代謝に関与し,筋肉収縮(ミオシンATPアーゼ)や生体膜の能動輸送(Na,K‐ATPアーゼ)などをつかさどる。【柳田 充弘】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

有機リン酸エステルを加水分解する酵素の総称。フォスファターゼ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

化学辞典 第2版の解説

加水分解酵素の一種.有機リン酸エステルおよび有機,無機ポリリン酸の加水分解を触媒する酵素の総称.エステルを加水分解するものにはアルカリホスファターゼホスホジエステラーゼなどがあり,酸無水物を加水分解するものにはアデノシントリホスファターゼ(ATPase),アデニルピロホスファターゼがある.[CAS 9013-05-2]

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報