コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホスロー[1世] Khosrō I

世界大百科事典 第2版の解説

ホスロー[1世]【Khosrō I】

ササン朝ペルシアの王。在位531‐579年。カワード1世の子。皇太子のときにマズダク教徒の弾圧に主導的役割を果たした。父王が着手した税制改革を実現して財政の安定を図り,国王常備軍を編成し,帝国を4軍管区に組織して軍事力の統制を強化し,ディーワーン(大臣)制によって官僚制を整備した。対外的には東ローマと戦ってアンティオキアを占領し(540),長いあいだ貢納を強いられてきたエフタルに対しては,突厥と結んでこれを滅ぼし(558ころ),国境をオクサス川まで拡大した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のホスロー[1世]の言及

【ササン朝】より

…カワード1世Kavādh Iは,当時国内に起こっていたマズダク教の社会運動,他方ではエフタルの力を利用して大貴族や祭司階級の勢力を抑え,王権の強化をはかった。カワードの治世末期にマズダク教徒を弾圧したホスロー1世は,父王のあとをついで即位すると,税制改革,官僚制の整備,国王常備軍の編成によって中央集権的な支配体制を確立した。国力の充実にともない対外政策も積極化し,ビザンティンと戦ってシリアに侵入し,東方では突厥と同盟してエフタルを滅ぼし,またイエメンを征服して南海に進出した。…

【マズダク教】より

…その教説は,北方よりのエフタル族の侵入と飢饉で混乱する当時の社会情勢を背景に,急速に人心をつかみ,国王カワード1世(在位488‐496,499‐531)が,貴族,高級聖職者階級の権勢を制する意図もあってその信奉者となったことから,さらに王宮内にも勢力を拡大した。カワード1世は治世の晩年,その子で次王のホスロー1世の助言を入れて方針を転じ,マズダクとその信従者たちを一挙に殺害することに踏み切った(528年あるいは529年初頭)。アラブ史家が誤って次代ホスロー治下第1年のこととするこの大殺害によって,ホスローは〈アノーシルワーンAnōshirwān〉(〈不死なる魂の所有者〉の意)の称号を得,ゾロアスター教伝承の中では,ササン朝第1の名君とされるにいたった。…

※「ホスロー[1世]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ホスロー[1世]の関連キーワードササン朝ペルシアカワード

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android