コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エフタル エフタルEphthalites; Hephthalites

4件 の用語解説(エフタルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エフタル
エフタル
Ephthalites; Hephthalites

古代の中央アジアで活躍した遊牧民族アラビア語ではハイタル Haytalと写す。5世紀のなかばにトハリスタン (トカラ) に出現し,455年中国の北魏に使いをつかわし,通交を結んだ。西に国境を接するササン朝ペルシアとは争いが絶えず,ササン朝ペルシア王カワード1世 (在位 488~531) は,エフタルの援助で王位についたため,実質的権力はエフタルの手に握られた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

エフタル

5−6世紀の中央アジアで活躍した遊牧民族。東はホータンから,西はイランに及ぶヒンドゥークシ山系一帯の領域を支配,東西交通の要衝を握る。その国家は6世紀後半突厥(とっくつ)に征服された。
→関連項目グプタ朝

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

エフタル【Hephthalite】

中央アジアの民族。西方史料ではEphtalitai,Hayāṭila,中国史料では嚈噠などと記されている。5世紀半ばころから,突厥とササンペルシアに分割される(558‐561)まで,インド,南ロシア,中国,ペルシアを結ぶ貿易路上の要地,ヒンドゥークシュ山系一帯に拠って繁栄し,遊牧生活と都市生活をあわせもった強大な国家を築いた。インド,ビザンティンの史料では〈白いフン〉と記され,国家の滅亡後も7世紀にはヘラートからのアラブ支配に抵抗し,8世紀にも名を残す

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エフタル
えふたる
Ephtalites

5世紀の中ごろから中央アジアを統一した民族。Hephtalites、Haytal、Haytila、、悒怛などとも書かれ、イラン系の言語で「強い人」を意味するという。ササン朝ペルシアの東に接し、初めはササン朝に協力して東方ローマ領を攻め、のちにはササン朝と突厥(とっけつ)とに挟撃されて、558~561年に滅ぼされた。ただし、民族としては長く残り、その子孫と思われるものが、現在でもアフガニスタンの北部バダフシャーン付近に存在する。この方面はエフタル帝国の中心で、帝国の領域は、北は天山山脈の北部、南はアフガニスタン、西北インドのパンジャーブ、東は東トルキスタンのホータン、西はササン朝の西方領土ホラサーン地方に及んだ。
 ビザンティンやインドの記録には「白いフン」、中国の記録には大月氏(だいげっし)、高車(こうしゃ)の類族で、金山(アルタイ山?)に発祥し、ソグディアナ、バクトリア方面に南下したとされている。しかしその起源については疑問が多い。エフタルは遊牧生活を行ったが、一部は都市に定住し、一妻多夫の風習をもっていた。エフタル自身は文字をもたず、バクトリア地方で用いられていたギリシア文字でイラン系の言語を記録している。[榎 一雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のエフタルの言及

【金器・銀器】より

…中国古代では,殷・西周・春秋時代に金を装具として寡用し,戦国時代に金・銀錯のすぐれた工芸を生む。その後ササン朝から中央アジアのエフタルを介して銀器嗜好が伝わったが,8世紀前半に急激にピークをむかえ,以後宋・元の量産方向へ堕していく。日本では六朝の装具に比較すべきものが6世紀からみとめられるが,鍍金が主流で,正倉院蔵品は9世紀の唐以降の中国製品が多い。…

※「エフタル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone