コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホツツジ(穂躑躅) ホツツジTripetaleia paniculata var. latifolia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホツツジ(穂躑躅)
ホツツジ
Tripetaleia paniculata var. latifolia

ツツジ科の落葉小低木。北海道南部以南の日本各地の日当りのよい山地に普通にみられる。高さは 2m以下で,枝はよく分枝して樹皮赤褐色を呈する。葉はツツジに似て小さく長さ3~6cmの倒卵形で,表面の主脈上と裏面に白い毛がある。花は8~9月頃に,上向きの円錐花序を出してつく。花弁は3枚で細長いへら状,基部から反転し,白色であるが部分的に微紅色となる。変種が多い。ツツジ科でありながら離弁の花冠をつける特異な属である。日本には同属近縁種として,もう1種ミヤマホツツジ T. bracteataがあり,高山帯に生じて,花穂はほっそりとした総状花序となる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android