コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホツツジ Tripetaleia paniculata Sieb.et Zucc.

世界大百科事典 第2版の解説

ホツツジ【Tripetaleia paniculata Sieb.et Zucc.】

山地の日当りのよいやや乾いた所にはえるツツジ科の落葉低木。よく分枝して横に広がり,高さ1~1.5m。葉は互生し,倒卵形または長楕円形で先がとがり,長さ3~8cm,幅1.5~3.5cm。8~9月,枝先に円錐花序をつくり,多数の白い花をつける。花柄の基部披針形の小さな包葉がある。萼は椀状でごく浅く,5裂する。花冠は深く3裂し,裂片は狭長楕円形で強く反り返る。おしべは6本で,花糸は扁平。は縦に裂ける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ホツツジ
ほつつじ / 穂躑躅
[学]Tripetaleia paniculata Sieb. et Zucc.

ツツジ科の落葉低木。枝を束ねて箒(ほうき)にするので、ヤマボウキともいう。高さ1~2メートル。よく分枝し、若枝に狭い翼がある。葉は互生し、倒卵形で長さ3~7センチメートル、両端はとがり、全縁である。7~9月、枝の先に円錐(えんすい)花序をつくり、白色または淡紅白色の小さな花を多数開く。花冠は深く3裂し、裂片は細くてすこし反り返る。萼(がく)は杯(さかずき)状、不明の5歯がある。雄しべは6本で短く、花柱は長く飛び出す。(さくか)は丸く径3ミリメートル、3片からなり、果実と萼の間に長さ1ミリメートルの柄がある。日当りのよい山地に生え、北海道南部から九州に分布する。本州西部、四国、九州には変種ヤクシマホツツジがあり、萼は浅く5尖裂(せんれつ)する。名は、花が穂になるツツジの意味である。有毒植物で、この花から集めた蜂蜜(はちみつ)を食べて中毒することがある。ホツツジ属は日本特産で2種あり、ほかに高山生のミヤマホツツジがある。[小林義雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ホツツジの関連キーワードホツツジ(穂躑躅)エゾツツジ小林義雄五葉躑躅松木肌松木膚山藁山帚山地

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android