ホツツジ(英語表記)Tripetaleia paniculata Sieb.et Zucc.

世界大百科事典 第2版の解説

ホツツジ【Tripetaleia paniculata Sieb.et Zucc.】

山地の日当りのよいやや乾いた所にはえるツツジ科の落葉低木。よく分枝して横に広がり,高さ1~1.5m。葉は互生し,倒卵形または長楕円形で先がとがり,長さ3~8cm,幅1.5~3.5cm。8~9月,枝先に円錐花序をつくり,多数の白い花をつける。花柄の基部披針形の小さな包葉がある。萼は椀状でごく浅く,5裂する。花冠は深く3裂し,裂片は狭長楕円形で強く反り返る。おしべは6本で,花糸は扁平。は縦に裂ける。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ホツツジ
ほつつじ / 穂躑躅
[学]Tripetaleia paniculata Sieb. et Zucc.

ツツジ科の落葉低木。枝を束ねて箒(ほうき)にするので、ヤマボウキともいう。高さ1~2メートル。よく分枝し、若枝に狭い翼がある。葉は互生し、倒卵形で長さ3~7センチメートル、両端はとがり、全縁である。7~9月、枝の先に円錐(えんすい)花序をつくり、白色または淡紅白色の小さな花を多数開く。花冠は深く3裂し、裂片は細くてすこし反り返る。萼(がく)は杯(さかずき)状、不明の5歯がある。雄しべは6本で短く、花柱は長く飛び出す。(さくか)は丸く径3ミリメートル、3片からなり、果実と萼の間に長さ1ミリメートルの柄がある。日当りのよい山地に生え、北海道南部から九州に分布する。本州西部、四国、九州には変種ヤクシマホツツジがあり、萼は浅く5尖裂(せんれつ)する。名は、花が穂になるツツジの意味である。有毒植物で、この花から集めた蜂蜜(はちみつ)を食べて中毒することがある。ホツツジ属は日本特産で2種あり、ほかに高山生のミヤマホツツジがある。[小林義雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android