コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホツツジ Tripetaleia paniculata Sieb.et Zucc.

2件 の用語解説(ホツツジの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ホツツジ【Tripetaleia paniculata Sieb.et Zucc.】

山地の日当りのよいやや乾いた所にはえるツツジ科の落葉低木。よく分枝して横に広がり,高さ1~1.5m。葉は互生し,倒卵形または長楕円形で先がとがり,長さ3~8cm,幅1.5~3.5cm。8~9月,枝先に円錐花序をつくり,多数の白い花をつける。花柄の基部に披針形の小さな包葉がある。萼は椀状でごく浅く,5裂する。花冠は深く3裂し,裂片は狭長楕円形で強く反り返る。おしべは6本で,花糸は扁平。葯は縦に裂ける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ホツツジ
ほつつじ / 穂躑躅
[学]Tripetaleia paniculata Sieb. et Zucc.

ツツジ科の落葉低木。枝を束ねて箒(ほうき)にするので、ヤマボウキともいう。高さ1~2メートル。よく分枝し、若枝に狭い翼がある。葉は互生し、倒卵形で長さ3~7センチメートル、両端はとがり、全縁である。7~9月、枝の先に円錐(えんすい)花序をつくり、白色または淡紅白色の小さな花を多数開く。花冠は深く3裂し、裂片は細くてすこし反り返る。萼(がく)は杯(さかずき)状、不明の5歯がある。雄しべは6本で短く、花柱は長く飛び出す。(さくか)は丸く径3ミリメートル、3片からなり、果実と萼の間に長さ1ミリメートルの柄がある。日当りのよい山地に生え、北海道南部から九州に分布する。本州西部、四国、九州には変種ヤクシマホツツジがあり、萼は浅く5尖裂(せんれつ)する。名は、花が穂になるツツジの意味である。有毒植物で、この花から集めた蜂蜜(はちみつ)を食べて中毒することがある。ホツツジ属は日本特産で2種あり、ほかに高山生のミヤマホツツジがある。[小林義雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ホツツジの関連キーワード白樺伊吹麝香草梅鉢草姫射干山鳴竜脳菊大油薄立忍日当り薬師草

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone