コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホルクハイマー ホルクハイマーHorkheimer, Max

6件 の用語解説(ホルクハイマーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホルクハイマー
ホルクハイマー
Horkheimer, Max

[生]1895.2.14. シュツットガルト
[没]1973.7.7. ニュルンベルク
ドイツの社会学者,哲学者。 1930年フランクフルトアムマイン大学付属社会問題研究所所長。 E.フロム,H.マルクーゼなどの人材を集め,いわゆるフランクフルト学派の総帥として活躍した。ナチス台頭後はスイスに移り,その後アメリカに住んで第2次世界大戦後ドイツに戻った。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ホルクハイマー(Max Horkheimer)

[1895~1973]ドイツの哲学者。フランクフルト学派の指導者。米国に亡命し、第二次大戦後、帰国。批判理論によって伝統的理論を批判。著「啓蒙の弁証法」(アドルノとの共著)「批判的理論」「道具的理性批判」など。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

ホルクハイマー

ドイツのユダヤ系哲学者,社会学者。フランクフルト学派の指導者(フランクフルト大学社会研究所所長就任,1931年)で,戦後は同大学学長も務めた。啓蒙的理性による個人の圧殺と文化の貧困化を論じて影響力のあった《啓蒙の弁証法》アドルノとの共著,1947年),《道具的理性批判》(1967年),《批判理論》(1968年)などで社会・文化批判を展開した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ホルクハイマー【Max Horkheimer】

1895‐1973
ドイツの哲学者,社会学者でフランクフルト学派の指導的存在。フランクフルトの社会研究所,その機関誌《社会研究》を拠点に,1930年代以後アメリカへの亡命時代を通じて理論的抵抗を貫く。戦後ドイツに帰って研究所を再建し,フランクフルト大学学長など各種の要職を歴任した。〈西欧的マルクス主義〉の動機を受け継ぐ〈批判的理論〉の定礎づけに努めるとともに,学際的な共同研究《権威と家族》(1936),《偏見の研究シリーズ》(1950)を主宰。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ホルクハイマー【Max Horkheimer】

1895~1973) ドイツの哲学者。フランクフルト学派の中心的存在。1933年以降アメリカに亡命。戦後ドイツに帰ってフランクフルトの社会研究所を再建。著「啓蒙の弁証法」(アドルノと共著)「批判的理論」「道具的理性批判」など。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ホルクハイマー
ほるくはいまー
Max Horkheimer
(1895―1973)

ドイツの哲学者、社会学者。いわゆるフランクフルト学派の指導者。フランクフルト大学などに学び、1925年カントに関する論文で教授資格を取得。1930年にフランクフルト大学の社会哲学の教授になるとともに、「社会研究所」を主宰、1933年から1949年に至るアメリカ亡命中も、同研究所の機関誌『社会研究』Zeitschrift fr Sozialforschungの編集を通じて研究活動を組織する。彼の立場は、独自の唯物論に基づく実践的な「批判的理論」であり、それは観照的な「伝統的理論」に対置される。この立場から、カント、ヘーゲル、マルクスを連ねる古典哲学の理念と、社会学、心理学、精神分析などの新しい科学的成果を総合する現代社会理論の共同研究を目ざした。『権威と家族』(1936)、アメリカでフローマンSamuel H. Flowerman(1912―1958)とともに編集した『偏見の研究』Studies in Prejudiceシリーズ(1949~1950)は、その輝かしい成果であり、同時期の社会科学史に画期的な役割を演じた。晩年にはフランクフルト大学総長にも就任、ショーペンハウアーのペシミズムとドイツ古典哲学の教養に基づく近代文明批判は、アドルノらに強い影響を与えた。ほかに『理性の腐蝕(ふしょく)』(1947)、『Kritische Theorie』2Bde.(1968)などがある。[徳永 恂]
『山口祐弘訳『理性の腐蝕』(1970・せりか書房) ▽M・ホルクハイマー著、清水多吉編訳『道具的理性批判』(1970・イザラ書房) ▽マックス・ホルクハイマー著、久野収訳『哲学の社会的機能』(1974・晶文社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のホルクハイマーの言及

【アドルノ】より

…フランクフルト大学で哲学を,A.ベルクに音楽を学び,一時ウィーンで音楽雑誌の編集にたずさわったが,1931年に《キルケゴールにおける美的なものの構成》(1933)で教授資格を得,フランクフルト大学の講師となる。33年当時M.ホルクハイマーの指導下にあった〈社会研究所〉のメンバーとなるが,ナチスの政権獲得後イギリスを経てアメリカに亡命を余儀なくされる。アメリカ滞在中,ホルクハイマーと共著で,近代的合理性ないし西欧文明への根本的省察とも言うべき《啓蒙の弁証法》(1947)を出版。…

【精神分析】より

…それは,社会・文化事象の理解に心理学的視点を導入するさまざまな試みを促進し,大衆社会論,大衆文化批判などを生みつつ,社会科学を革新するうえで大きな役割を果たした。 第3は,M.ホルクハイマー,T.アドルノ,H.マルクーゼら,のちにフランクフルト学派とよばれる人々によるフロイト主義の批判的摂取である。彼らは20年代のワイマール・ドイツで,フランクフルトの社会研究所に拠って,マルクス主義に基づく独自な批判的理論を形成したが,精神分析に深い関心を抱いていた。…

【フランクフルト学派】より

…1930年代以降,ドイツのフランクフルトの社会研究所,その機関誌《社会研究Zeitschrift für Sozialforschung》によって活躍した一群の思想家たちの総称。M.ホルクハイマー,T.W.アドルノ,W.ベンヤミン,H.マルクーゼ,のちに袂(たもと)を分かったE.フロム,ノイマンFranz Leopold Neumann(1900‐54)たちと,戦後再建された同研究所から輩出したJ.ハーバーマス,シュミットAlfred Schmidt(1931‐ )らの若い世代が含まれる。彼らはいわゆる〈西欧的マルクス主義〉の影響の下に,正統派の教条主義に反対しつつ,批判的左翼の立場に立って,マルクスをS.フロイトやアメリカ社会学等と結合させ,現代の経験に即した独自の〈批判理論〉を展開した。…

※「ホルクハイマー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ホルクハイマーの関連キーワード深刻小説日清戦争観念小説文芸倶楽部閔妃暗殺事件金弘集ブラウンスアダメロ岩博文館バレーラ

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ホルクハイマーの関連情報