コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホンゲイ ホンゲイ Hongay

6件 の用語解説(ホンゲイの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ホンゲイ(Hongay)

ホンガイ

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ホンゲイ

ベトナムの北東部,トンキン湾岸の港町。漢字では鴻基。炭田地帯の中心で,高品位の無煙炭の露天掘で世界的に有名。埋蔵量は12億tと推定される。
→関連項目ベトナム

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ホンゲイ【Hon Gai】

ベトナム北東部の石炭産地。トンキン湾北西部のアロン湾に面し,トンキン地方北東部の山地末端にあたる。鉱区は西部のドンチューから東部のケバオ島まで延長130km,幅6kmにわたり,炭層は厚さ50~100mに達する。良質の無煙炭の産出で知られ,熱量は6500~8000calで粘結性に富む。1865年中国人が露天掘りで採掘を始め,84年以来フランスが採掘権を握り,植民地時代の1937年には年産130万tにまで達した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ホンゲイ【Hon Gai】

ベトナム北東部、トンキン湾に臨む港湾都市。炭田地帯にあり、良質の無煙炭を産する。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホンゲイ
ホンゲイ

ホンガイ」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ホンゲイ
ほんげい
Hng GaiHongay

ベトナム北部、クアンニン省の省都。ホンガイハロンとも称する。人口14万4300(2003推計)。世界的に有名なホンゲイ炭(無煙炭)の産出地およびその積出し港として知られる。採掘は1865年ごろ中国人によって始められたが、鉱区は広く、西はドンチューから東はケバオ島まで延長130キロメートル、幅15~20キロメートル、面積は16万ヘクタール、埋蔵量は12億トン以上といわれる。港には石炭を原料とするコンビナートがつくられている。なお、同名の湾は、バクボ(トンキン)湾の一部のハロン湾北部の呼称である。[菊池一雅]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ホンゲイの関連キーワードタイグエントンキントンキン湾トンキン湾事件ナムディンハイフォンハノイハロン湾ホン川ソンコイ[川]

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ホンゲイの関連情報