コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホンゲイ Hongay

百科事典マイペディアの解説

ホンゲイ

ベトナムの北東部,トンキン湾岸の港町。漢字では鴻基。炭田地帯の中心で,高品位の無煙炭の露天掘で世界的に有名。埋蔵量は12億tと推定される。
→関連項目ベトナム

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ホンゲイ【Hon Gai】

ベトナム北東部の石炭産地。トンキン湾北西部のアロン湾に面し,トンキン地方北東部の山地末端にあたる。鉱区は西部のドンチューから東部のケバオ島まで延長130km,幅6kmにわたり,炭層は厚さ50~100mに達する。良質の無煙炭の産出で知られ,熱量は6500~8000calで粘結性に富む。1865年中国人が露天掘り採掘を始め,84年以来フランスが採掘権を握り,植民地時代の1937年には年産130万tにまで達した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ホンゲイ【Hon Gai】

ベトナム北東部、トンキン湾に臨む港湾都市。炭田地帯にあり、良質の無煙炭を産する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホンゲイ

ホンガイ」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ホンゲイ
ほんげい
Hng GaiHongay

ベトナム北部、クアンニン省の省都。ホンガイ、ハロンとも称する。人口14万4300(2003推計)。世界的に有名なホンゲイ炭(無煙炭)の産出地およびその積出し港として知られる。採掘は1865年ごろ中国人によって始められたが、鉱区は広く、西はドンチューから東はケバオ島まで延長130キロメートル、幅15~20キロメートル、面積は16万ヘクタール、埋蔵量は12億トン以上といわれる。港には石炭を原料とするコンビナートがつくられている。なお、同名の湾は、バクボ(トンキン)湾の一部のハロン湾北部の呼称である。[菊池一雅]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ホンゲイの関連キーワードホンガイ炭田ハイフォン港湾都市バクボ湾カムファ

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android