コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボアズキョイ Boğazköy

百科事典マイペディアの解説

ボアズキョイ

トルコのアンカラの東方約200kmにある小村で,古代ヒッタイト帝国の首都ハットゥサ(ハットゥシャ)Hattusaの遺跡がある。1906年-1912年,H.ウィンクラー指揮のドイツ・オリエント学会が発掘,王宮跡からヒッタイト語などで書かれた楔形(くさびがた)文字の文書が多数出土し,ヒッタイトの歴史が明らかにされ,オリエント史が大きく書き改められた。
→関連項目ヒッタイト語フロズニー

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ボアズキョイ【Bogazköy】

トルコ中央部,アンカラの東約200kmにある,前16世紀から前1200年ころまでヒッタイト王国の首都であったハットゥサḪattušaの遺跡名。ほとんど完全に忘れられていたヒッタイトの存在を,発掘によって確認した。1834年の発見以来ボガズキョイと呼ばれることが多いが,遺跡名のもとになった村は,ボアズカリBogazkaleが現在の正式名称である。ドイツのウィンクラーH.Winklerが1906‐12年に約1万枚の粘土板を発掘し,フロズニーB.Hroznýらによる解読の結果,ヒッタイト語のインド・ヨーロッパ語族への帰属が確認されて以来,欧米の学者が彼らの祖先の最古期にあたる歴史の解明と故地究明への手がかりを求めて,異常なまでのまなざしを向けている遺跡である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ボアズキョイ
ぼあずきょい
Boazky

トルコの首都アンカラのほぼ東150キロメートルに位置するヒッタイト帝国の都。古代名ハットゥシャあるいはハットゥサ。1906~1907年、1911~1912年の二度にわたり、ドイツ人のアッシリア学者H・ウィンクラーによって発掘調査が行われ、エジプトとの間に交わされた和平条約をはじめ、1万枚を超える粘土板文書が発見された。1931年ドイツ人のK・ビッテルによって発掘調査は再開され、現在に至っている。ハットゥシャは高地の市域と低地の市域とに分かれ、高地は自然の地形を利用した王宮、低地は神殿が、おのおのの市域の中心をなしている。今日までの調査では、天候神、太陽神を祀(まつ)っていた大神殿に付属した貯蔵庫、アッシリア植民都市時代の住居址(し)群、城壁、出撃門、神殿、王宮、王室文書庫などがみつかっている。ハットゥシャは紀元前16世紀ハットゥシリ1世によって建設されたが、前14世紀後半北方のカシュカに攻略され、ダッタシャシュ(位置不明)に遷都を余儀なくされた。前1190年ごろ、小アジアの西から移動してきた「海の民」によってハットゥシャは崩壊した。[大村幸弘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のボアズキョイの言及

【ウィンクラー】より

…ベルリン大学教授。1903‐04年の2シーズンにわたって,シドンにおいて古代のフェニキアの都市遺跡の発掘に従ったのち,当時学界の注目を集め始めていたボアズキョイの発掘権を得て,06‐07年の間,同地の都城の遺構の発掘を行った。ボアズキョイは,旧約聖書のヘテ人すなわちヒッタイト民族に関係の深い遺跡らしいとして,問題になり始めていたのであるが,ウィンクラーは発掘に取りかかるや,直ちに大量の粘土板を得,しかもその一部は,彼の熟知するアッカド語で記されていたので,間もなくこの遺跡が,まさにそのヒッタイト人の王国の首都ハットゥサにほかならないことを見きわめた。…

※「ボアズキョイ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ボアズキョイの関連キーワードH. ヴィンクラーアラジャ・ヒュユクB. フロズニーヒッタイト文字ヒッタイト美術ミトラ(神)大村幸弘ライオンルウィ語ミタンニ楔形文字金石文図書館ミトラリキア宮殿

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android