コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボアチュール Voiture, Vincent

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボアチュール
Voiture, Vincent

[生]1597.2.24. アミアン
[没]1648.5.26. パリ
フランスの詩人,書簡文作家。低い身分の出身ながら,もちまえの才覚で国王の司厨長にまで出世。 1625年からランブイエ侯爵夫人のサロンの常連となり,遊びと会話の中心人物としてもてはやされた。その書簡文は,感情と機知,情熱と風刺を結びつける方法の模範で,プレシオジテの文学的表現の典型。ソンネ『ユラニー』 Uranieなどの詩は文学論争を引起した。全集 (1649) がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ボアチュール
ぼあちゅーる
Vincent Voiture
(1597―1648)

フランスの作家。サロン文学の創始者といわれる。ランブイエ夫人のサロンでその才気によって中心的存在となった。優雅で気の利いた書簡、軽妙洒脱(しゃだつ)な詩によって時代の寵児(ちょうじ)となった。これらは女性に対するみやび(prciosit)な礼法の模範とされ、また洗練された文体により、バロック的な誇張を一掃するのに貢献した。アカデミー会員。死後『作品集』(1650)が出版され多く版を重ねた。[福井芳男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ボアチュールの関連キーワードサロン(文化)書簡体小説福井芳男サラザン

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android