コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争 ボスニア・ヘルツェゴビナふんそう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争
ボスニア・ヘルツェゴビナふんそう

1992年3月のボスニア・ヘルツェゴビナの独立を機に勃発した,国内に居住するムスリム (スラブ人のイスラム教徒) ,セルビア人クロアチア人の3民族による武力衝突。独立に賛成するムスリム,クロアチア人勢力と,反対するセルビア人勢力とが衝突したが,しだいにムスリムとクロアチア人勢力の対立も生じ,三つ巴の内戦となった。セルビア人勢力はボスニア・セルビア人共和国を,クロアチア人勢力はヘルツェグ・ボスナ・クロアチア人共和国をそれぞれ樹立し,3勢力が「民族浄化」の名のもとで他民族の追放,虐殺を行なうなど凄惨な戦いが続いた。ヨーロッパ共同体 EC (1993年 11月以降ヨーロッパ連合 EU) と国際連合が仲介にあたり,国連保護軍 UNPROFORが派遣され,3勢力に対し4度にわたって和平案を提示したが,3勢力すべての同意を得ることはできなかった。政治的解決は困難をきわめ,1995年8月末,セルビア人勢力に対する北大西洋条約機構 NATO軍の空爆が実施され,セルビア人勢力は大きな打撃を被った。死者 20万人,難民 250万人を出した末,1995年 11月アメリカ合衆国の主導で紛争3当事国の代表がアメリカのデートンの空軍基地に集まり,デートン和平合意が成立した。これにより,国連と多国籍軍の監視のもとで,ムスリムとクロアチア人の「ボスニア・ヘルツェゴビナ連邦」 (領土の 51%を管轄) とセルビア人の「セルビア人共和国」 (領土の 49%を管轄) の2政体からなる一つの主権国家を目指すことになった。最高意思決定機関は定数3の幹部会 (大統領会議) で,連邦から2人,共和国から1人が選出される。幹部会議長 (国家元首) には,3人が8ヵ月交替で就任する。ボスニア・ヘルツェゴビナの和平プロセスは,民生面で和平実施を統括する機関として和平実施会議 PICと,軍事面での和平安定化部隊 SFOR (1996年 12月から派遣,それ以前は和平実施部隊 IFORが展開) を中心として進められた。デートン和平合意に基づき,二つの政体にまたがる中央議会も設置された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争

1991年から始まった旧ユーゴスラビア解体に伴う紛争で、6共和国の一つだったボスニア・ヘルツェゴビナでは92年からボシュニャク人とクロアチア人、セルビア人の各武装勢力が衝突。10万人以上が犠牲になった。支配地域から他民族を追い出す「民族浄化」が横行。95年7月には東部スレブレニツァにセルビア人勢力が突入。約10日間で少年を含むボシュニャク人男性7千人以上を殺害した。

(2016-03-25 朝日新聞 朝刊 1外報)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争の関連キーワード旧ユーゴスラビア国際戦争犯罪法廷モスタル旧市街の古橋地区旧ユーゴ戦争犯罪国際法廷ヤスミラ ジュバニッチスレブレニツァの虐殺バーバラ デミックユーゴスラビア史イスラム協力機構アハティサーリミロシェビッチクロアチア紛争マゾウィエツキモンテネグロ和平安定化軍カラジッチモスタルサラエボツジマン

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争の関連情報