コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボットネット ぼっとねっと bot net

4件 の用語解説(ボットネットの意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

ボットネット

ボット」のページをご覧ください。

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ボット‐ネット(bot net)

悪意ある攻撃者によりボット呼ばれるコンピューターウイルスの一種を送り込まれたコンピューターで構成されるネットワーク。外部から攻撃者による指令を受けて、さまざまなコンピューター犯罪や迷惑行為に悪用される。利用者が気づかないままウイルスに感染したゾンビパソコンで構成されるため、ゾンビクラスターともいう。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ボットネット

悪意のある攻撃者が命令を送信するサーバー(ボットハーダー、ボットマスターなどと呼ばれる)と、インターネット経由で遠隔操作できるパソコン「ゾンビパソコン」から構成されるネットワークのこと。攻撃者は、遠隔操作を可能にする「ボット」と呼ばれるプログラムをインターネット経由で一般ユーザーのパソコンに感染させ、ゾンビパソコンを増やしていく。攻撃者が命令を送信すると、ゾンビパソコンは所有者の意図とは関係なく、ほかのパソコンやサーバーを攻撃したり、個人情報を盗み出したりする。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ボットネット
ぼっとねっと
botnet

コンピュータウイルスの一種である、自動化プログラムに感染したパソコンやサーバーで構築されたネットワーク。
 ネットワークなどを通じてボットに侵入されたパソコンは、悪意ある攻撃者によって遠隔操作が可能になるため、その不正な命令の実行者役を担わされることが多い。具体的にはウイルスをばらまく、送信元として大量の迷惑メールを発信する、フィッシングなどの詐欺サイトの設置と実行場所として使われる、DDoS攻撃に代表される特定サイト攻撃に参加させられる、などがある。ボットを通じた遠隔操作やその命令実行は、パソコン自体には目だった不具合をおこさないため、感染に気づきにくく、結果的にパソコン所有者本人が知らないうちに、犯罪者に協力していることになる。1台のパソコンで多数を遠隔操作することができるさまざまなボットが出現しており、検出がむずかしいといわれているが、ウイルス対策ソフトなどで駆除や対策が可能な場合もある。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ボットネットの関連キーワードWebサーバーSMTPSMTPサーバー送信メールサーバーDoS攻撃DDoS攻撃電子メールサーバーウェブサーバーPOPサーバーオープンリレー

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ボットネットの関連情報