コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボツワナ ボツワナ Botswana

翻訳|Botswana

6件 の用語解説(ボツワナの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボツワナ
ボツワナ
Botswana

正式名称 ボツワナ共和国 Republic of Botswana。面積 58万1730km2。人口 203万3000(2011推計)。首都 ガボローネアフリカ大陸南部の内陸国。北,西はナミビア,南は南アフリカ共和国,東はジンバブエと国境を接する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ボツワナ(Botswana)

アフリカ南部の共和国。首都ハボローネ内陸国で、中部・南部はカラハリ砂漠。牧畜や鉱業が盛ん。1885年以来英国の保護領となり、ベチュアナランドと呼ばれた。1966年独立。人口203万(2010)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ボツワナ

◎正式名称−ボツワナ共和国Republic of Botswana。◎面積−58万1730km2。◎人口−202万人(2011)。◎首都−ハボローネGaborone(23万人,2011)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ボツワナ【Botswana】

正式名称=ボツワナ共和国Republic of Botswana面積=58万1730km2人口(1996)=147万人首都=ガボローネGaborone(日本との時差=-7時間)主要言語=ツワナ語,英語通貨=プラPulaアフリカ南部の共和国。内陸国で,大西洋およびインド洋までは最短でもともに540kmある。
[自然]
 国土はカラハリ砂漠にほとんど含まれ,全体的には平均標高1000mの高原盆地で,最高点は北西部のツォディロ山(1375m)である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ボツワナ【Botswana】

アフリカ南部にある内陸国。共和制。カラハリ砂漠が国土の大半を占める。牛・羊の牧畜が主産業。住民の多くはバンツー系黒人。主要言語は英語とツワナ語。1966年イギリスから独立。首都ハボローネ。面積58万2千平方キロメートル。人口180万( 2005)。旧称、ベチュアナランド。正称、ボツワナ共和国。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ボツワナ
ぼつわな
Botswana

アフリカ南部にある内陸国。正称はボツワナ共和国Republic of Botswana。旧称ベチュアナランドBechuanaland。西から北にかけてナミビア、北の一部でザンビア、東はジンバブエ、南は南アフリカ共和国と国境を接する。面積58万1730平方キロメートル、その大部分がカラハリ砂漠で人口は少なく165万1296(2000)。首都はハボローネ[林 晃史]

自然・地誌

国土の東部はサバンナ地帯で人口の80%が住み、農業と牧畜を生業としている。リンポポ川が東側国境を流れる。中央部および南部はカラハリ砂漠からなる。サハラ砂漠と違い低木・草地があるが、雨期以外には地表水がない。ここではサン人が狩猟と植物採集によって生活している。北西部はオコバンゴ川が流れ、面積約1.8万平方キロメートルのオコバンゴ沼沢地を形成、雨期にはヌガミ湖、マカリカリ塩湖が満水となる。乾燥度の高い亜熱帯性気候に属し、夏は高温だが冬には降霜もみる。降雨は夏型(12~3月)で、年降水量は全国平均で250ミリメートル、しばしば干魃(かんばつ)にみまわれる。[林 晃史]

歴史

ボツワナの先住民は北から移動してきたサン人であるが、17世紀中ごろバントゥー語系のツワナ人が移住し、サン人はカラハリ砂漠に移動した。1820年代南アフリカのズールー人、1840年代以降はたびたびトランスバール共和国のブーア人の侵入を受けた。そのためツワナ人のカーマ3世は、1882年イギリスに保護を求め、85年イギリス保護領ベチュアナランドが成立した。1894年イギリス南アフリカ特許会社の支配下に置かれそうになったが、住民の嘆願により95年ケープ植民地に編入され、1910年南アフリカ連邦が成立するとその属領となった。以後ボツワナはイギリスの南アフリカ連邦駐在高等弁務官であるマフェキングの管轄下に入った。イギリスは間接統治を行い、アフリカ人の首長制支配を温存し、近代政治制度が導入されたのは1920年のヨーロッパ人諮問審議会と翌年のアフリカ人諮問審議会が置かれてからである。1960年憲法制定により立法審議会、行政審議会、アフリカ人評議会がつくられた。バマングワト人の首長カーマはイギリス留学中に結婚した白人女性を伴い帰国したが、人種差別を主張する南アフリカ政府の反対にあい再度イギリスに追放された。1956年王位を捨てて帰国したカーマは62年ベチュアナランド民主党(BDP、現ボツワナ民主党)を結成して独立を要求した。65年総選挙でBDPは圧勝し、カーマは首相となり、翌年2月のロンドン制憲会議を経て、66年9月30日ボツワナ共和国として独立、カーマは初代大統領に就任した。[林 晃史]

政治・外交

行政府の長である大統領(任期5年)の下に内閣を構成し、立法府として議会と、八つの主要部族の首長からなる首長会議をもつ。議会の総選挙は5年ごとに実施され、いずれもBDPが圧勝している。政党活動が自由な数少ないアフリカの国の一つで、野党にはボツワナ人民党(BPP)、ボツワナ国民戦線(BNF)、ボツワナ議会党(BCP)などがある。独立後ただちに国連、アフリカ統一機構(現アフリカ連合)、イギリス連邦に加盟した。しかし、1969年の大統領カーマの国連総会での演説以降、南部アフリカの黒人解放闘争支援の態度を明らかにし、74年にはタンザニア、ザンビア、モザンビーク、アンゴラとともにフロントライン諸国を結成し、ジンバブエ解放闘争を支援するとともに、政治的難民に対し避難所を提供している。80年7月カーマは病死し、かわって副大統領Q・マシレが大統領に就任したが、その政策は変わっていない。98年マシレは引退し、副大統領モハエが後を継ぎ、99年の選挙でモハエは再選された。軍隊は、陸軍が8500人、空軍が500人、その他1000人である。[林 晃史]

経済・産業

従来ボツワナの主要産業は牧畜であり、主要輸出品の肉類およびウシを南アフリカ共和国に輸出し、かわりに工業製品、生活必需品の大半を同国から輸入していた。しかし1960年代末に鉱産資源が発見され、70年代初めから開発が進んで、現在は鉱業立国となっている。中部のオラパにあるダイヤモンド鉱山は南アフリカ共和国系デビアース社が、東部のセレビ・ピクウェの銅、ニッケル鉱山は南アフリカ共和国系アングロ・アメリカン社(株式保有30%)、アメリカ系ローン・セレクション・トラスト社(同30%)、政府(同40%)の三者からなるバマングワト・コンセッション社が採掘している。牧畜も依然重要であり、79年のEC(ヨーロッパ共同体)との第二次ロメ協定の調印によって、肉の輸出先は南アフリカ共和国からEC(のちEU)にかわった。工業は未発達で、ロバツェのと畜工場以外みるべきものはない。主要輸出品はダイヤモンド、銅、ニッケルの鉱産物のほか肉類、ウシで、工業製品、食糧、生活必需品のほとんどを輸入している。主要貿易相手国はイギリスと南アフリカ共和国であるが、79年以降ECの比重が増した。港をもたない内陸国であるボツワナは、南アフリカ共和国、レソト、スワジランドとの間で関税同盟を結成し、南アフリカ共和国の港湾を利用している。また毎年約4万人以上のボツワナ人が南アフリカ共和国の鉱山などに出稼ぎに出ている。このような南アフリカ共和国への経済的依存から脱却するため、79年フロントライン諸国が集まり、翌80年にはジンバブエ、スワジランド、マラウイ、レソトを加えた9か国が南部アフリカ調整開発会議(1992年、南部アフリカ開発共同体へ移行)を結成した。その結果、先進国の援助を受けて、輸送と電気通信網の復旧・新設のほか、食糧確保、工業開発、エネルギー確保など地域レベルでの開発が推進されており、ボツワナは家畜口蹄疫(こうていえき)の撲滅、干魃(かんばつ)対策の計画を担当している。経済開発については第七次国家開発計画(1991~97)が実施され、ダイヤモンドへの依存を減らし、経済の多角化を目ざしている。[林 晃史]

社会・文化

主要民族グループにはバマングワト人、バクガトラ人、バクウェナ人、バングワケツェ人、バタワナ人、バマレテ人、バトロクワ人、バロロング人のバントゥー語系8部族のほか、少数のサン人がカラハリ砂漠に住んでいる。主要都市は首都も含め大部分が東部国境沿いの鉄道沿線にある。公用語は英語とツワナ語。鉱業開発以前は後発発展途上国(LLDC)の一つであったが、現在は1人当りの国民総所得が3300ドル(2000)となり、最貧国から脱した。しかし国内産業の未発達のため雇用人口は少なく、労働人口の48.5%は農業(牧畜)に従事し、南アフリカ共和国の鉱山への出稼ぎ労働者も多い。独立後教育が重視され、1986年から無料の教育制度(10年)が実施され、就学率は83%(1990)に達している。また学生数4466人(1993)の国立ボツワナ大学がある。医療施設は遅れており、病院、ベッド数ともに不足し、医師も外国人に依存している。舗装道路キロ数は約4200キロメートル(1995)で、車台数も10万台強(1994)にすぎない。新聞は政府系1紙、民間紙5紙が発行されている。[林 晃史]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のボツワナの言及

【ツワナ族】より

…アフリカ南部のボツワナ共和国,ナミビア,南アフリカ共和国にまたがり居住するバントゥー系の部族。ナミビア,南ア共和国にはツワナ族のバントゥースタン(ホームランド。…

※「ボツワナ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ボツワナの関連キーワードツワナ族東チモールベチュアナランドマフェキング南アフリカガベローンズガベロネスカニエボスニア・ヘルツェゴビナモルドバ[国]

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ボツワナの関連情報