コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボニファチウス2世 ボニファチウスにせいBonifatius II

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボニファチウス2世
ボニファチウスにせい
Bonifatius II

[生]?. ローマ
[没]532.10.17. ローマ
ローマ出身の第55代教皇在位 530~532)。ゴート人の家系で,初のゲルマン人(→ゲルマン民族)教皇。教皇フェリクス4世(3世。在位 526~530)は,助祭長(→助祭)だったボニファチウス2世を後継者に指名したが,ローマの聖職者の大多数は東ゴートの統治を恐れ,アレクサンドリアの助祭ディオスクルス対立教皇。在位 530.9.~10.)を選任した。530年9月,両教皇が登位して教会は分裂したが,この状態は翌 10月のディオスクルスの突然の死により終結した。オランジュ第2教会会議(529)の,神を求める人間の意志の力を異端的に信仰する半ペラギウス説を糾弾した教令を承認した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ボニファチウス2世の関連キーワードフェリクス4世(3世)

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android