コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボリス3世 ボリスさんせい Boris III

2件 の用語解説(ボリス3世の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボリス3世
ボリスさんせい
Boris III

[生]1894.1.30. ソフィア
[没]1943.8.28. ソフィア
ブルガリア王 (在位 1918~43) 。フェルディナント1世の長男。ソフィアの陸軍学校で教育を受け,軍人としてバルカン戦争第1次世界大戦に従軍。統治の前半は政治の表面に出なかったが,1935年以来親ドイツ派軍人の支持で独裁制を確立。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

20世紀西洋人名事典の解説

ボリス3世
Boris Ⅲ


1894 - 1943
ブルガリア国籍。
元・ブルガリア国王。
フェルディナンド1世の後を受けて即位し、1923年の軍事クーデターを機に政界に強い影響力を及ぼす。その後、’35年首相ゲオルギエフの退陣後の後継者争い、将校内部との対立に乗じて政治の実権を掌握し、国王独裁制を敷く。ボリスの王妃はイタリア王家出身で、その影響もあってバルカン諸国の反イタリア同盟に反対の立場をとり、’41年には三国同盟に加入。同年3月英国、さらに米国に宣戦布告するが、ソ連への宣戦布告は拒否する。’43年8月、ヒトラーとの会見後、心臓発作のため急死。一説に暗殺説がある。

出典|日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)
(C) 1995 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ボリス3世の関連キーワードハギヤソフィアΑγία Σοφίαハギアソフィア大聖堂クラフトフィラデルフィアクリーミィソフトソフィーナ ボーテフィアット125フィアートリーフィアアヤ・ソフィアフィロソフィア

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone