コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボルタ湖 ボルタこ Lake Volta

3件 の用語解説(ボルタ湖の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボルタ湖
ボルタこ
Lake Volta

ガーナ東部の人工湖。長さ 320km。面積 8482km2 (国土の 3.5%) 。 1961~65年のボルタ川開発計画の一環としてアクラ北北東約 90kmのアコソンボに,ボルタ川をせきとめてアコソンボダムが建設され,ボルタ湖が出現した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ボルタ‐こ【ボルタ湖】

Lake Volta》ガーナ南東部にある世界最大級の人造湖。面積は約8500平方キロメートル。1966年、アコソンボダム建設にともない、ボルタ川をせき止めて造られた。このダムによる電力は、ギニア湾岸の工業都市テマアルミ精錬に利用されるほか、トーゴベナンなどの周辺国にも供給されている。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ボルタ湖
ぼるたこ
Lake Volta

西アフリカ、ガーナ南東部にある人造湖。1966年、ボルタ川河口から約80キロメートルのアコソンボにダムが建設されてできた。主ダムは高さ約130メートル、幅約350メートルのロックフィルダムで、湖の面積は約8500平方キロメートル。80万キロワットを発電し、ガーナ、トーゴ、ベナンに送電している。この電力を利用してアクラ東方のテマにアルミニウム工場がつくられた。灌漑(かんがい)にも利用され、周辺に18万ヘクタールの大農場ができつつある。[中村和郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ボルタ湖の関連キーワードコフォリドゥアエドガータウンアガーアコソンボダムアダフォアアフラオガーナチョコレートの日ガーナ リップルエウェ語

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone