コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボルドーワイン ボルドーワイン

3件 の用語解説(ボルドーワインの意味・用語解説を検索)

飲み物がわかる辞典の解説

ボルドーワイン


フランス中東部のブルゴーニュとともに二大名産地として知られる、南西部のボルドー地方産のワインの総称。ブルゴーニュワインは単一のぶどう品種のみでつくるのに対し、複数の品種のぶどうをブレンドしてつくる。濃厚でタンニンの渋みのある複雑な味わいが持ち味とされ、「ワインの女王」と称される。複数の品種を用いるのは、この地域の土壌はさまざまな地質が混在していて、場所ごとに土地にあったぶどう品種を作ろうとすれば品種も多岐にわたるため。ボトルは「いかり肩」といわれる、首から急なカーブで広がって胴部は円筒状という形状を特徴とする。「ソーテルヌ」「サンテミリオン」「シャトーマルゴー」などが知られる。⇒ブルゴーニュワイン

出典|講談社
(C)Kodansha 2013.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ボルドーワイン
ぼるどーわいん
vin Bordeauxフランス語

フランスのジロンド県、ボルドー市を中心にした地方でつくられるワインの総称。ボルドーのワイン生産地で、とくに有名なのはメドックグラーブソーテルヌ、サンテミリオン、ポムロールの五大地区である。これらの地区の下にいくつかの村(コミューン)がある。たとえばメドック地域の中にはマルゴーポーイヤックサンテステーフなどの有名なコミューンがあり、この中にブドウ園(シャトー)があり、そこでワインがつくられる。[原 昌道]

種類

ボルドーで栽培されるおもなブドウ品種は、赤のカベルネ・ソービニヨン、カベルネ・フラン、メルロー、白のソービニヨン・ブラン、セミヨンである。ボルドーの赤いワインは別名クラレットとよばれ、色は鮮紅色、香味軽快で、その名は世界に知れわたっている。最高級に格づけされた赤ワインには、メドックでは「メドックのプリンス」と異名のあるシャトー・ラフィット・ロートシルト、「メドックの女王」といわれるシャトー・マルゴー、ラトゥールの塔の上に獅子(しし)をいただくシンボルマークで知られるシャトー・ラトゥールがある。グラーブ地域では「グラーブの王様」といわれるシャトー・オー・ブリオンが、サンテミリオン地域では、「詩人の酒」とよばれるシャトー・オーゾンヌや、白馬を意味するシャトー・シュバル・ブランがある。また、ポムロール地域ではシャトー・ペトリュスが有名である。
 ボルドー地方ではまた優秀な白ワインをグラーブ、ソーテルヌ地域で産する。そのなかでも甘口白ワインの最高峰といわれるソーテルヌのシャトー・ディケムが有名である。
 なお優秀なボルドーワインのラベルには、フランス政府が保証している原産地統制呼称と、シャトー元詰めの表示が記載されている。[原 昌道]
『ターンブル・ジェームス著『ボルドーワインベストセレクション』(1999・小学館) ▽山本博著『ワインの女王――ボルドー・ワインのすべて』(1990・早川書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ボルドーワインの関連キーワードディジョンブルゴーニュブルゴーニュ楽派ブルゴーニュ座ボーヌニュイサンジョルジュブルゴーニュ大公宮殿ブルゴーニュワインブルゴーニュ公国ブルゴーニュ風

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ボルドーワインの関連情報