コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボーフォート海 ボーフォートかいBeaufort Sea

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボーフォート海
ボーフォートかい
Beaufort Sea

北極海の縁海の一つ。カナダとアラスカの北に位置し,東はバンクス島から,西はチュクチ海につながり,ベーリング海峡で太平洋にも通じている。面積約 48万 km2。平均深度約 1004m,最高深度約 4682m。8~9月に一部解氷するほかは一年中結氷している。陸棚は狭く,特にバロー岬の東は狭い。カナダのマッケンジー河口の北ではやや広いが 144kmをこえない。大陸棚斜面は多数の海底谷で切られている。海底の地質構造は中生代の褶曲運動によって形成された塊状台地。海底堆積物は河川またはベーリング海峡からの運搬物から成り,特にマッケンジー川からの寄与が大きい。陸棚上には礫,砂あるいは泥との混合物が分布し,深海は細粒粘土でおおわれている。堆積物中にはかなりの角閃石や鉄酸化物が含まれており,微生物を含む灰色泥は大陸棚斜面やバンクス島の北側に分布する。海の名はイギリスの提督 F.ボーフォートに由来する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ボーフォートかい【ボーフォート海 Beaufort Sea】

北極海の一部。アメリカ合衆国アラスカ州北岸バロー岬からカナダ北西岸の沖合一帯を指す。大部分が北緯70゜以北で,沿岸部を除き,一年のほとんどが流氷でおおわれる。ホッキョクグマ,セイウチ,鯨の生息地。沿岸部の先住民はエスキモー。最近,各地で石油,天然ガスの開発が進められているが,なかでもアラスカのプルドー・ベイ油田は有名。【正井 泰夫】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ボーフォート海
ぼーふぉーとかい
Beaufort Sea

カナダ北西岸、アラスカ北岸の北側に広がる海。北極海の一部をなす。海岸からすぐ深くなり水深は3000~4000メートルに達する部分がある。1年を通じパックアイス(流氷)に覆われ、北部では極氷のため航行できない。[大竹一彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ボーフォート海の関連キーワードユーコン・テリトリーホッキョクセミクジラグレート・スレーブ湖マッケンジー[川]プルドー・ベイ油田プルドー・ベイコパーマイン川ビクトリア島アムンゼン湾海洋開発北西航路北極

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android