コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボールミル ball mill

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボールミル
ball mill

粉砕機の一種。粉砕媒体として円筒の中にボールを入れ,原料とともに回転して衝突と摩砕により微粉砕を行う装置。円筒のライナー (内張り) は白鋳鉄または高マンガン鋼で,ボールには,鋳鉄,チルド鋳物,フリント石,天然石など原料により各種がある (天然石や石を使うのはペブルミルといって,普通ボールミルとは区別する) 。大きさは,小型は径 1m未満のものから,径2~3mに及ぶ大型のものがある。筒の長さは直径をこえないのが標準型であるが,直径の数倍以上の筒長型のチューブミル,その中間のコンパウンドミルなどの種類がある。用途で最も大規模なのは鉱山の選鉱場の湿式粉砕で,ほかに微粉をつくるときによく使用され,陶土,染料などの最微粉の場合は,水を入れる湿式で,そのほかの場合は乾式で使用され,広い用途をもつ代表的な粉砕機である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

栄養・生化学辞典の解説

ボールミル

 容器の中に粉砕するものを入れ,陶製鉄製などの球を一緒に入れて容器を回転させ,ボール同士やボールと容器の壁のぶつかる衝撃によって物質を粉砕する装置.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

世界大百科事典内のボールミルの言及

【粉砕機】より


[摩砕力による粉砕機]
 摩砕式の粉砕機は,いずれも粉砕容器内に装入された粉砕媒体の運動によって,それらと混在する原料粒子を粉砕する。(1)ボールミルball mill このタイプの粉砕機の最も代表的なもので,鉱石類やセメント原料,セメントクリンカーなどの大量微粉砕をはじめ,窯業原料,化学工業原料などの微粉砕~極微粉砕に広く利用されている。ボールミルは,水平軸の周りに回転する円筒形容器にその容積の約1/3を満たす量の鉄球(ボール)を入れたものである(図5-a)。…

※「ボールミル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ボールミルの関連キーワードインパクトクラッシャメカニカルアロイングホウロウ(琺瑯)金属粉末製造法合成樹脂塗料金属粉末顔料ロッドミル青化製錬法化学実験セメントLPF法自生粉砕黒色火薬青化法鉛丹珪石

今日のキーワード

首相指名

首相(内閣総理大臣)は国会議員の中から国会の議決で指名する(憲法67条)。衆参両院が異なった人を指名した場合、両院協議会でも意見が一致しない時は、衆院の議決を国会の議決とする。首相は文民でなければなら...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android