ポジ

化学辞典 第2版「ポジ」の解説

ポジ
ポジ
positive

陽画ともいう.ネガの反対語被写体明暗,色彩が逆転せずに表現された写真をポジまたはポジティブとよぶ.ネガ型の感光材料を2回用いて(たとえば,ネガフィルム印画紙)ポジを得る場合と,右下がりの写真特性曲線をもつポジ型の感光材料を用いて1回の撮影・現像でポジを得る場合とがある.[別用語参照]反転現像法

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

百科事典マイペディア「ポジ」の解説

ポジ

ポジティブpositiveの。陽画ともいい,ネガの対。被写体の明暗がそのまま再現されている写真画像。引き伸ばし,ネガフィルムの反転現像などで得られる。カラー写真では被写体の色も正しく再現されている画像。
→関連項目カロタイプ写真反転現像フォトCDプロセス平版

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典「ポジ」の解説

ポジ

〘名〙 (「ポジティブ」の略) 写真で、白黒の場合は陰陽がそのまま、カラーの場合は肉眼と同じ色相になる原版。陽画。〔モダン用語辞典(1930)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のポジの言及

【陰画】より

…これを陰画という。陰画をもう一度印画紙かフィルムに密着して露光し,現像を行うと,被写体と同じ明暗を再現した画像が得られ,これを陽画またはポジティブ,ポジという。通常の写真はこのようにネガ作成を経てポジを作る。…

【陽画】より

…ポジティブpositive,略してポジともいう。写真像の明暗が被写体の明暗と同じに再現された画像をいう。…

※「ポジ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android