コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポスト・モダン post-modern

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ポスト・モダン
post-modern

ポスト・モダニズムともいい,「モダニズム (近代主義) 以降」の意味。イギリスの建築評論家 C.ジェンクスが『ポスト・モダニズムの建築言語』 (1977年) の中で現在の建築を論じるために規定した言葉。モダニズムが近代社会成立のために脱ぎ捨ててきた意匠を拾い直して再構築する試みをいい,古典的な歴史様式を用いる混成的スタイル,装飾の復権,民族的・土着的なものの復権などを行なった。こうした建築は 60年代ごろから既に R.ヴェンチューリらによって行なわれていたが,その後 E.ソットサスのデザインなど,文化・思想・社会全般でポスト・モダンの概念が用いられ始め,さまざまな使用法に分化していく。思想的な面では,近代が陥った危機として,近代そのものの再検証を図ろうとする立場 (U.ハーバーマス) ,高度情報・資本主義社会の性格として受け取ろうとする立場 (J.F.リオタール) とに分けられよう。美術においても,観念化・極限化して豊かさを失った現代美術への批判としてのニュー・ペインティングが過去の様式や卑俗な様式などの折衷として現れる,というわけである。しかし現在が近代から切断されたものか連続しているものか,後期近代 (レイト・モダン) という言葉を使おうとする立場もあり,議論はまだまだ多い状況となっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ポスト・モダン

ポスト・モダニズム

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ポスト・モダン
ぽすともだん

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ポスト・モダンの関連キーワードリオタール(Jeanアンヌ・テレサ・ドゥ ケースマイケル優しいサヨクのための嬉遊曲ペンギン村に陽は落ちてポスト・モダン・ダンスチャールズ ジェンクスモリッサ フェンレイメンヘングラートバハマイケル グレーブスポストモダン・ダンスパトリック マグラスアラスター グレイポートランド市庁舎ポスト・モダン建築つくばセンタービルマース カニンガムギルバート アデアヌーベル・ダンスデータベース消費ATT本社ビル

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ポスト・モダンの関連情報