コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポタモガーレ potamogale

世界大百科事典 第2版の解説

ポタモガーレ【potamogale】

別名,カワウソジネズミ。カワウソ(食肉目イタチ科)に似た姿をした水生哺乳類。食虫目ポタモガーレ科。カワウソ同様,円筒状の胴に短い四肢と太く長い尾をもち,目と耳は小さい。鼻孔水中で閉じることができる。扁平な口吻(こうふん)部には,水中で獲物をさぐるのに使われる太い触毛が生える。食虫類としては体が大きく,体長29~35cm,尾長25~29cm。体色は,背面は暗い茶色,腹面は黄色みを帯びた白色。手足に水かきはなく,水中を進むための推進力は,先が左右に扁平な尾を振ることによって得られる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ポタモガーレ
ぽたもがーれ
otter-shrew

広義には哺乳(ほにゅう)綱食虫目ポタモガーレ科に属する動物の総称で、狭義にはそのうちの1種をさす。この科Potamogalidaeには、ポタモガーレ属Potamogaleとヒメポタモガーレ属Micropotamogaleがあり、前者には西アフリカに1種、後者には西アフリカと東アフリカのルウェンゾリ地域に2種がある。カワウソ型に水生適応した動物で、鎖骨を欠く。
 種のポタモガーレP. veroxは頭胴長25~34センチメートル、尾長24~26センチメートルで、尾は基部が太く、先半分は上下に扁平(へんぺい)。吻(ふん)は幅広く、頭は扁平。背面は褐色、下面は黄色を帯びた白色、歯式は

で合計40本。水辺にすみ、水生の昆虫類、甲殻類や魚類を食べる。このほか、ヒメポタモガーレM. lamotteiは小形で、ミズカキポタモガーレM. ruwenzoriは手足に水かきをもつ。[阿部 永]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ポタモガーレの関連キーワードヒメポタモガーレソレノドン阿部

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android