コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポターニン Potanin, Grigorii Nikolaevich

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ポターニン
Potanin, Grigorii Nikolaevich

[生]1835
[没]1920
ロシアの探検家,地理学者,民族学者。ロシア地理学協会の要請により 1876~93年の間に4度,モンゴル,チベット東部,中国北部を探検調査。その報告書『西北蒙古誌』 Ocherki Severo-Zapadnoi Mongolii (4巻,1881~83) ,『中国のタングート,チベット辺境および中部蒙古』 TangutskoTibetskaya Okraina Kitaya i Tsentral'naya Mongoliya (2巻,93) など,学問的に貴重な資料を提供している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ポターニン

ロシアの内陸アジア研究家,民族学者。ペテルブルグ大学に学び,中退後故郷シベリアでヤドリンツェフらと〈シベリア自治運動〉を展開して流刑。1876年以後,モンゴル北西部,中国北部,チベットなどを探検,妻の協力で民族学上の資料を豊富に集めた。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ポターニン【Grigorii Nikolaevich Potanin】

1835‐1920
ロシアの探検家,民族学者。西シベリアのオムスクのコサック士官学校を卒業後,病気を理由に退役。1859‐62年ペテルブルグ大学に在学したが,中退後シベリアに帰り,65年〈シベリア自治運動〉の罪で5年の流刑に処せられた。76‐77年および79‐80年モンゴル北西部を調査旅行し,その結果を《西北モンゴル概説》4巻(1881‐83)にまとめた。次いで84‐86年および92‐93年中国北部,チベット東部,内モンゴル奥地を探検し,《中国のタングート,チベット辺境とモンゴル中央部》2巻(1893)を発表した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ポターニン
ぽたーにん
Григорий Николаевич Потанин Grigoriy Nikolaevich Potanin
(1835―1920)

ロシアの地理学者、民族学者、旅行家。イルティシ川河岸のヤミシェボで生まれ、オムスクの士官学校を卒業して数年の軍隊生活ののち、1859年から62年までペテルブルグ大学で学んだ。しかし、学生運動で大学が閉鎖されたため、オムスクに帰ったが、「シベリア自治運動」に参加した嫌疑で逮捕され、65年から74年まで拘留、流刑生活を送った。彼が探検家としての道を歩み始めるのは、74年に特赦を受け、セミョーノフ・チャン・シャンスキーの尽力でモンゴル西部の探検を依嘱されてからである。彼の調査・探検地はおもに内陸アジアであった。63~64年中露国境のタルバガタイ山脈一帯の探検に参加したのを皮切りに、76~78年、79~80年、84~86年、92~93年の4次にわたって、南シベリア、モンゴル、新疆(しんきょう/シンチヤン)、チベット、四川(しせん/スーチョワン)を調査、探検し大きな成果を収めた。また、99年には大興安嶺(だいこうあんれい/ターシンアンリン)一帯の調査も行っている。彼は地理学者として、内陸アジアの地理、動植物に関する資料を収集するとともに、文化に関する資料や民間伝承などを数多くもたらし、その後の内陸アジア研究に大いに貢献した。なお彼の妻アレクサンドラ・ビクトローブナも4次にわたる内陸アジア探検に参加し、同地域に関する民族学的研究で有名。[佐々木史郎]
『加藤九祚著『ユーラシア記』(1984・法政大学出版局)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

ポターニン

生年月日:1835年10月3日
ロシアの探検家,地理学者,民族学者
1920年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

ポターニンの関連キーワードモンゴルアルタイ山脈アルタイ[山脈]ポズドネーエフハラ・ホト生年月日

今日のキーワード

118番の日

1月18日。海上保安庁への緊急通報用電話番号である「118」の啓発活動を行い、海の安全確保に努める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android