ポリクロロビフェニル

  • polychlorobiphenyl

化学辞典 第2版の解説

略称PCB.ポリ塩素化ビフェニルともいう.一般には,ビフェニルC12H10の塩素置換体,すなわちC12ClxH10-xの化学式で表される物質の混合物をさす.C12ClxH10-xで表される物質は,塩素数(1~10)ならびに分子内での塩素の位置に対応し,理論的には210種類の物質が存在する.PCBのガスクロマトグラフィーによる分析でも,数十種類の物質が容易に検出される.工業的には,ビフェニルに触媒として鉄粉を加え,塩素ガスを吹き込むと発熱反応を起こし,130~140 ℃ 付近で塩素化が進行する.ついで副生する塩化水素を中和,水洗して除き,減圧蒸留すると得られる.PCBの物理的性質は,その種類によって多少異なるが,いずれも外観は無色透明な油状で,軽い芳香臭を有する.また燃焼性はない.PCBは化学的に非常に安定で,酸にもアルカリにも侵されない.水に難溶,有機溶剤,たとえばエタノール,アセトン,炭化水素などに易溶.自然環境,とくに淡水や海水中に放出されたPCBは,その分解がきわめて遅く,徐々に生物内に蓄積される.これらの生物を経て,人体に吸収されたPCBは,ほとんど排泄されず,とくに脂肪内に蓄積され,極端な場合はいわゆるカネミ油症,すなわち皮疹,眼異常,内臓障害などを引き起こす.トランス,コンデンサーなどの絶縁油,工場の熱媒体,塗料,感圧紙などに広く使用されていた.商品名はカネクロール(日本),アルクロン(アメリカ),クロルフェン(ドイツ)などである.しかし,現在は毒性のためその製造と使用が中止されている.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android