コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポルトベロ Portobelo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ポルトベロ
Portobelo

パナマ中部北岸の村。コロンの北東約 30kmにあり,カリブ海に面する。名前は「美しい港」の意で,1502年この地に停泊したコロンブスが命名。村は 1597年建設され,ペドロ湾を守る五つの要塞が築かれた。スペインと南アメリカの間の交易物資の積み替え港として,またその取り引きの中心地として発展。毎年開かれた定期市は内外に知られ,一時は新世界で最も繁華な港として栄えたため,しばしば海賊に襲撃されたが,要塞を強化して防衛にあたった。 18世紀スペインの物資輸送船団が廃止され,定期市も閉ざされると衰えはじめ,1850年代のパナマ横断鉄道の建設,20世紀初頭のパナマ運河の開通により,その北の入口に位置するコロンに中心が移り,ポルトベロは完全に衰微。歴史的な遺跡や建築物が多数保存され,観光客が多い。 1980年五つの要塞群が南西 60kmにあるサンロレンソ要塞とともに世界遺産の文化遺産に登録された。人口 3026 (1990推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ポルトベロの関連キーワードパナマのカリブ海沿岸の要塞群:ポルトベロとサンロレンソパナマ(国)

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android