コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポンチョ poncho

翻訳|poncho

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ポンチョ
poncho

本来,南アメリカのアンデス山脈一帯の先住民族インディオたちが着た小型毛布状の外衣。2枚の布を中央を残してはぎ合せ,中央から頭を通して前後に垂れ掛けて着るもので,この種の貫頭衣代名詞になった。材料はラマの毛と麻の混紡地で,鮮かな縞柄幾何学模様に織られる。現地語では元来この織物をさしたが,16世紀初期,スペイン人によって服型と誤伝され,ヨーロッパに普及した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ポンチョ

おもに南米のインディオが外衣として用いる貫頭衣。長方形やひし形の毛織布のまん中に穴をあけて頭を通し,前後にたらして着用する。現在では広くリゾートウエアや部屋着などに応用。
→関連項目インカ貫頭衣

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ポンチョ【poncho】

現在,中南米で広く用いられる貫頭衣の総称。アンデス高地の例でいえば,2枚の毛織布を合わせ,頭を通す部分だけを残して縫い合わせる。着ると,方形の布が体の前後に垂れる。長さは腹のあたりからひざのあたりまで,まちまちである。形態としては,先スペイン期にもあったウンク(ケチュア語)に由来すると思われるが,これは頭と腕を通す部分を残して,布の左右の端も縫い合わせる。ポンチョの語源はチリのアラウカノ語と考えられる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ポンチョ【poncho】

中南米の男女の用いる外衣。四角形の布の真ん中に頭の通る穴をあけたもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ポンチョ
ぽんちょ
ponchoスペイン語

元来は、南アメリカ、アンデス山地の先住民が着用していた外衣。布の中央に頭の通る穴をあけた貫頭衣で、衣服の基本形の一つ。本来は、麻とラマの毛で織った鮮明な色彩の織物の名称であったが、スペイン人によって、この布で仕立てられた衣服の形として誤り伝えられ、服形をさすようになったといわれる。中央の穴に頭を出して外衣として着用したり、そのまま毛布として用いたりする。現在では世界的に、防寒用外衣、レインコートなどとして親しまれている。[深井晃子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ポンチョの関連キーワードハンタン(邯鄲)特別市日野 ポンチョクリストファーチャジュブルツー(磁)県クリスチャンアルフォンソカタマルカインカ文化深井晃子カフタンガウチョ民族衣装インカ裂タバードサラッペパラカスドゥルセ真ん中四角形

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ポンチョの関連情報