コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポート・エリザベス ポートエリザベス

百科事典マイペディアの解説

ポート・エリザベス

南アフリカ共和国南部,インド洋のアルゴア湾に臨む港湾都市ケープ・タウンの東約700km。自動車,機械,化学,繊維,食品加工などの工業が行われる。ヘビの飼育で有名なスネーク・パークがある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ポート・エリザベス
ぽーとえりざべす
Port Elizabeth

南アフリカ共和国南部、東ケープ州南部の都市。インド洋に面する港湾都市である。人口85万3204(1991)、83万3900(2002推計)。人種別内訳は白人18万3901、黒人45万5251、カラード20万4504、アジア系9548となっている(以上1991)。1820年、イギリスからの大量移民が入植し、当時のケープ総督代理ドンキンの妻の名にちなんで命名された。町は内陸の山麓(さんろく)の斜面をアルゴア湾に沿って16キロメートルにわたって広がる。初めケープ・タウンに次ぐ羊毛の輸出港であったが、第二次世界大戦後、臨海工業地帯として発展し、ゼネラル・モーターズ社やフォード社の自動車組立て工場などが建設され、南アフリカ共和国四大工業地帯の一つとなった。町の中心は鉄道駅近くのマーケット広場で、その周囲には市庁舎、中央郵便局、図書館などの歴史的建物が並ぶ。港は1840年に最初の埠頭(ふとう)がつくられて以来拡大し、現在はコンテナ船専用の埠頭もある。[林 晃史]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ポート・エリザベスの関連キーワードヘンドリク・フェアウールト・ダムアドゥエレファント国立公園ケープ(南アフリカ共和国)フォートボーフォートサマセットイーストスカルク バーガーポートアルフレッドビクトリアウェストアソール フガード世界のおもな博物館南アフリカ共和国グラーフリネットグラハムズタウンジェフリーズベイオウツフールンA. フガードオイテンハークモーセルベイミデルブルグカルー高原

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android