コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マイリンク Meyrink, Gustav

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マイリンク
Meyrink, Gustav

[生]1868
[没]1932
オーストリアの小説家。本名 Meyer。ユダヤ人女優の私生児として生れる。銀行員を経て作家となり,『ジンプリチシムス』誌の編集にも加わる。怪奇小説作家として有名。主著『ゴーレム』 Der Golem (1915) ,『ワルプルギスの前夜』 Walpurgisnacht (17) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

マイリンク【Gustav Meyrink】

1868‐1932
オーストリアの作家。プロテスタントから仏教へ改宗。オカルティズム錬金術に関心を抱き,長年暮らした古都プラハの神秘的な雰囲気の中から,小説《ゴーレム》(1915),《緑の顔》(1916)など,幻想的な怪奇文学を生み出した。グロテスクで荒唐無稽な空想の中には,転換期における市民社会や官僚世界の物質主義,合理主義俗物に対する挑戦的な風刺が見いだされる。E.T.A.ホフマンやE.A.ポーの影響が著しい。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マイリンク
まいりんく
Gustav Meyrink
(1868―1932)

オーストリアの小説家。本名G・マイヤー。ウィーンで生まれたが、作家としての活躍の舞台は学生時代を過ごした街プラハであった。初め銀行をおこすが失敗し、生来の厭世(えんせい)的気質が高じて、現実に背を向けオカルトの世界に深くかかわり、『ゴーレム』(1915)など幻想的作品を多く発表して、第一次世界大戦後の幻想小説流行の先鞭(せんべん)をつけた。シュトローブル、カフカらプラハ文壇出身の作家に影響を与えている。[村山雅人]
『今村孝訳『ゴーレム』(1973・河出書房新社) ▽G・マイリンク他著、前川道介訳編『現代ドイツ幻想短篇集』(1976・国書刊行会)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

マイリンクの関連キーワード1月19日

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android