コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マイリンク マイリンク Meyrink, Gustav

3件 の用語解説(マイリンクの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マイリンク
マイリンク
Meyrink, Gustav

[生]1868
[没]1932
オーストリアの小説家。本名 Meyer。ユダヤ人女優の私生児として生れる。銀行員を経て作家となり,『ジンプリチシムス』誌の編集にも加わる。怪奇小説作家として有名。主著『ゴーレム』 Der Golem (1915) ,『ワルプルギスの前夜』 Walpurgisnacht (17) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

マイリンク【Gustav Meyrink】

1868‐1932
オーストリアの作家。プロテスタントから仏教へ改宗。オカルティズム錬金術に関心を抱き,長年暮らした古都プラハの神秘的な雰囲気の中から,小説《ゴーレム》(1915),《緑の顔》(1916)など,幻想的な怪奇文学を生み出した。グロテスク荒唐無稽な空想の中には,転換期における市民社会や官僚世界の物質主義合理主義の俗物に対する挑戦的な風刺が見いだされる。E.T.A.ホフマンやE.A.ポーの影響が著しい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マイリンク
まいりんく
Gustav Meyrink
(1868―1932)

オーストリアの小説家。本名G・マイヤーウィーンで生まれたが、作家としての活躍の舞台は学生時代を過ごした街プラハであった。初め銀行をおこすが失敗し、生来の厭世(えんせい)的気質が高じて、現実に背を向けオカルトの世界に深くかかわり、『ゴーレム』(1915)など幻想的作品を多く発表して、第一次世界大戦後の幻想小説流行の先鞭(せんべん)をつけた。シュトローブル、カフカらプラハ文壇出身の作家に影響を与えている。[村山雅人]
『今村孝訳『ゴーレム』(1973・河出書房新社) ▽G・マイリンク他著、前川道介訳編『現代ドイツ幻想短篇集』(1976・国書刊行会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マイリンクの関連キーワードプロテスタントプロテスタント教会オーストリア併合プロテオースプロテストプロテストソングゴースト・カントリーキリスト教系教会プロテスタント主義プロテスタント神学

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マイリンクの関連情報