マウナロア(英語表記)Mauna Loa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マウナロア
Mauna Loa

アメリカ合衆国,ハワイ州ハワイ島にある火山。標高 4169m。ハワイ島の南部にそびえ,北部のマウナケア山 (4205m) とともにハワイ島を構成する二大火山の一つ。火口から東側には 60km,西側には 30kmの雄大でゆるやかな裾野を有する楯状火山で,玄武岩質の溶岩から成る。山頂の噴火口は直径 8kmに達する。 1832年以来,平均3年半に1回の割合で噴火している。火口内の大噴火は 49,65,1903,14年に記録されているほか,50年の噴火では溶岩の噴出量が3週間で 56万 2110m3に達し,山麓の小村を破壊した。ハワイ火山群国立公園に含まれ,訪れる観光客も多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

マウナロア【Mauna Loa】

ハワイ島にある火山。海抜4170メートル。隣接のキラウエアとともに活動中のハワイ型楯たて状火山として有名。冬期は冠雪する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

マウナロア

(Mauna Loa) アリカ合衆国ハワイ州、ハワイ島の中央部を占める楯状火山。一九世紀前半から数年ごとに爆発を繰り返している。西側斜面は放牧地に利用。標高四一七〇メートル。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

マウナロアの関連情報