マウナロア(英語表記)Mauna Loa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マウナロア
Mauna Loa

アメリカ合衆国,ハワイ州ハワイ島にある火山。標高 4169m。ハワイ島の南部にそびえ,北部のマウナケア山 (4205m) とともにハワイ島を構成する二大火山の一つ。火口から東側には 60km,西側には 30kmの雄大でゆるやかな裾野を有する楯状火山で,玄武岩質の溶岩から成る。山頂の噴火口は直径 8kmに達する。 1832年以来,平均3年半に1回の割合で噴火している。火口内の大噴火は 49,65,1903,14年に記録されているほか,50年の噴火では溶岩の噴出量が3週間で 56万 2110m3に達し,山麓の小村を破壊した。ハワイ火山群国立公園に含まれ,訪れる観光客も多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

マウナロア【Mauna Loa】

ハワイ島にある火山。海抜4170メートル。隣接のキラウエアとともに活動中のハワイ型楯たて状火山として有名。冬期は冠雪する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

マウナロアの関連情報