コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マウナロア マウナロアMauna Loa

3件 の用語解説(マウナロアの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マウナロア
マウナロア
Mauna Loa

アメリカ合衆国,ハワイ州ハワイ島にある火山。標高 4169m。ハワイ島の南部にそびえ,北部のマウナケア山 (4205m) とともにハワイ島を構成する二大火山の一つ。火口から東側には 60km,西側には 30kmの雄大でゆるやかな裾野を有する楯状火山で,玄武岩質の溶岩から成る。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

マウナ‐ロア(Mauna Loa)

米国ハワイ州、ハワイ島南部にある活動中の楯(たて)状火山。標高4170メートル。東にあるキラウエアとともに、周辺一帯がハワイ火山国立公園に指定。1987年に世界遺産自然遺産)に登録された。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

マウナロア【Mauna Loa】

ハワイ島にある火山。海抜4170メートル。隣接のキラウエアとともに活動中のハワイ型楯たて状火山として有名。冬期は冠雪する。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マウナロアの関連情報