マウナロア(英語表記)Mauna Loa

デジタル大辞泉 「マウナロア」の意味・読み・例文・類語

マウナ‐ロア(Mauna Loa)

米国ハワイ州、ハワイ島南部にある活動中のたて状火山標高4170メートル。東にあるキラウエアとともに、周辺一帯がハワイ火山国立公園指定。1987年に世界遺産自然遺産)に登録された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「マウナロア」の意味・読み・例文・類語

マウナロア

  1. ( Mauna Loa ) アリカ合衆国ハワイ州、ハワイ島の中央部を占める楯状火山。一九世紀前半から数年ごとに爆発を繰り返している。西側斜面は放牧地利用。標高四一七〇メートル。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「マウナロア」の意味・わかりやすい解説

マウナロア
Mauna Loa

アメリカ合衆国,ハワイ州ハワイ島にある火山。標高 4169m。ハワイ島の南部にそびえ,北部マウナケア山 (4205m) とともにハワイ島を構成する二大火山の一つ。火口から東側には 60km,西側には 30kmの雄大でゆるやかな裾野を有する楯状火山で,玄武岩質の溶岩から成る。山頂噴火口直径 8kmに達する。 1832年以来,平均3年半に1回の割合噴火している。火口内の大噴火は 49,65,1903,14年に記録されているほか,50年の噴火では溶岩の噴出量が3週間で 56万 2110m3達し山麓の小村を破壊した。ハワイ火山群国立公園に含まれ,訪れる観光客も多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

発見学習

発見という行為の習得を目指す学習。または,発見という行為を通じて学習内容を習得することを目指す学習。発見学習への着想は多くの教育理論に認められるが,一般には,ジェローム・S.ブルーナーが『教育の過程』...

発見学習の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android