コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マキシム マキシム maxim

翻訳|maxim

4件 の用語解説(マキシムの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

マキシム(maxim)

格言。金言。箴言(しんげん)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

マキシム【maxim】

格言。金言。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マキシム
まきしむ
Sir Hiram Stevens Maxim
(1840―1916)

アメリカの発明家。メーン州生まれる。14歳のときから職工となり独学で工学を勉強し、ガス、水道、電気に関する数多くの発明を続け、1881年パリの万国博覧会に出品した電圧調整器でレジオン・ドヌール勲章を受けた。1883年イギリスに渡り機関銃を研究し、1884年に、銃弾を発射するときの反動を利用して遊底を後退させ自動装填(そうてん)・発射ができる連発銃を完成、機関銃Machine gunの名をつけて特許を得た。以後、彼の発明した機関銃は世界中に普及し、近代戦術に革命的な影響を与えた。1900年にイギリスに帰化。1901年機関銃が植民地獲得に大きく貢献したとしてナイトに叙せられた。[小橋良夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

現代外国人名録2012の解説

マキシム
Maksim


国籍
クロアチア

専門
ピアニスト

生年月日
1975/5/3

出生地
シベニク

経歴
6歳の頃、初めてピアノに触れ、9歳で音楽学校に入学。12歳でオーケストラバックに演奏しソロデビューを果たす。1990年から始まったクロアチア戦争時も音楽学校の地下室で練習を続けた。’93年ザグレブで初めての本格的なコンクールで優勝。これを機にザグレブの音楽学院に進学し、その後ブダペストリスト音楽院で学び、在学中にニコライ・ルービンシュタイン国際ピアノコンクールで優勝。2000年にはパリに移り、イゴール・ラツィコのもとでさらなる研鑽を積み、2001年ポントワーズ・ピアノコンクール第1位に輝く。故郷のクロアチアに戻った後、クロアチアの現代小品集を集めた初アルバムジェスチャー」をリリース。クロアチアのグラミー賞ともいえるポリン賞で4部門(ベストクラシカル・アルバム賞含む)を獲得。2003年リリースのアルバム「ザ・ピアノ・プレイヤー」はアジアを中心にヒットし、シンガポールマレーシアインドネシア、そして中国ではゴールド・ディスク、台湾とクロアチアではプラチナ・ディスク、香港ではダブル・プラチナ・ディスクに輝く。2004年日本をはじめアジア各地でコンサートツアーを敢行。2005年には世界最高峰のオーケストラ、モスクワフィルとともに来日公演を行い、ソロでの全国ツアーも開催。高い演奏力に加え、端正な顔立ちゴルチエを愛用するファッションセンスで“ピアノ界の貴公子”と呼ばれる。他のアルバムに「ヴァリエーションズ」(2004年)、「ニューワールド」など。

受賞
ポリン賞(4部門)「ジェスチャー」 ニコライ・ルービンシュタイン国際ピアノコンクール第1位〔1999年〕;ポントワーズ・ピアノコンクール第1位〔2001年〕

出典|日外アソシエーツ「現代外国人名録2012」(2012年刊)
(C) 2012 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マキシムの関連キーワード箴言ドナウエッシンゲン格言金句金言金言耳に逆らう進言信玄森厳

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マキシムの関連情報