コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

電圧調整器 でんあつちょうせいきvoltage regulator

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

電圧調整器
でんあつちょうせいき
voltage regulator

電源電圧や負荷が変化しても,負荷に供給する電圧を一定にするための機器。直流電圧の調整には,小電力の場合,定電圧放電管を利用するもの,電源に直列に入れた電子管内部抵抗を制御して電圧を一定にする方法などが用いられ,大電力の場合は,昇圧機を電源に直列に入れる。交流電圧の調整には鉄共振を利用したもの,飽和変圧器を用いるものがあるが,大容量のものでは負荷時電圧調整器誘導電圧調整器がある。電圧の調整を自動化したものが自動電圧調整器である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

でんあつちょうせいき【電圧調整器 voltage regulator】

負荷に供給する電圧を適正に維持するため,電源と負荷との間に入れられる機器。小電力の直流回路では図1のような演算増幅器とツェナーダイオードを用いた増幅回路により一定の負荷電圧が得られる。出力電圧VOは順方向に対し,ほぼ一定の端子電圧をもつツェナーダイオードの動作電圧VZに対し,の関係があるので,R3を通じ,VZをある値に保持しておけば,負荷に無関係に一定の出力電圧VOが得られる。大電流の場合にはブースター(加減圧機)と呼ばれる直巻直流発電機を回路に直列に入れ,電流にほぼ比例して電圧が増減する特性を利用し,出力電圧を適正に維持する方法がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

電圧調整器
でんあつちょうせいき

電力系統や特定の電気回路において、電圧を所定の値に調整する装置をいう。電力系統は広範な地域にまたがっているので、その電圧調整はかなり複雑となる。22キロボルト以上の系統では、発電機端子電圧の上げ下げ、分路リアクトルや電力用コンデンサーなどの調相設備の投入、上位系統における変圧器のタップの切替えなどによって、ほぼ所定の値に調整している。直接需要家に供給する配電用変電所の二次電圧は、電圧調整器を用いてさらに細かく、たとえば重負荷時には3450ボルト、軽負荷時には3150ボルトのように調整し、需要家の引込み口の電圧をつねに一定範囲内になるようにしている。この電圧調整装置としては、誘導電圧調整器、負荷時電圧調整器などがあるが、効率よく経済的な負荷時タップ切替器付変圧器(負荷に送電した状態でタップの切替えが可能)が多く使用されている。小電力の交流回路では、磁気増幅器、サイリスタなどによる連続的な制御方法、オンオフ方式による不連続的な制御方法などがある。[内田直之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

電圧調整器の関連キーワードスタインメッツスライダックマキシム電動機

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

電圧調整器の関連情報