コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マクファーソン マクファーソン Macpherson, James

5件 の用語解説(マクファーソンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マクファーソン
マクファーソン
Macpherson, James

[生]1736.10.27. インバネス,ラスベン
[没]1796.2.17. ベルビル
イギリスの詩人。スコットランド高地地方で収集したゲール語,エルス語の詩を翻訳した『古代詩歌断片』 Fragments of Ancient Poetry (1760) で認められ,続いて3世紀のゲール語の詩人オシアンを翻訳して,『フィンガル』 Fingal (62) ,『テモラ』 Temora (63) を発表,当時の中世趣味に投じてイギリスのみならずヨーロッパでも称賛を博し,続くロマン主義の時代に大きな影響を与えた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

マクファーソン
マクファーソン
Macpherson,Crawford Brough

[生]1911.11. トロント
[没]1987.7.21
カナダの政治学者。トロント大学教授,カナダ政治学会会長などを歴任。政治思想史から現代民主主義論まで幅広い領域で活躍。英米の政治学を背景に,マルクス主義の影響もみられる独自の学風で知られる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

マクファーソン

英国の詩人。スコットランド生れ。伝説的詩人オシアンゲーリック語の原詩を訳したと称する《古代詩断片》(1760年),《フィンガル》(1762年),《テモラ》(1763年)を発表して人気を得たが(1765年に全2巻にまとめられた),その真偽が問題となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

マクファーソン【James Macpherson】

1736‐96
イギリス,スコットランドの詩人。インバネスの貧農の子に生まれ,大学を出て教師をしながら処女詩集《ハイランドの人》(1758)を出した。2年後,3世紀の伝説的詩人オシアンの原稿の翻訳といって《古代詩断片》(1760)を世に問い,さらに叙事詩《フィンガル》(1762),《テモラ》(1763)を公表した。これら3部の翻訳の真偽は問題となり,S.ジョンソン博士は〈にせもの〉と断定した。事実は古代ゲールの民話をもとにした彼の創作と思われる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マクファーソン
まくふぁーそん
James Macpherson
(1736―1796)

イギリスの詩人。スコットランドの農家に生まれ、エジンバラ大学卒業後、教職につく。3世紀ケルト人の勇者で吟唱詩人のオシアンが残した英雄叙事詩を自らゲール語から英訳したと称して、1765年に集成出版した二巻の『オシアン作品集』で一躍名声を博した。しかし、その真偽について異論が多く、彼の創作説も有力であるが、その内容の醸すロマン的情調は、イギリスをはじめヨーロッパ各国のロマン派詩人たちに大きな影響を与えた。[上田和夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のマクファーソンの言及

【オシアン】より

…3世紀スコットランドの北部地方を支配していたフィンガル王の最後の生残りの王子オシアンが,一族の戦士たちの思い出を歌ったものといわれる。18世紀後半にスコットランドの詩人マクファーソンが英訳として《古歌の断章》(1760),《フィンガル》(1762),《テモラ》(1763)の3巻を出版したことによりヨーロッパ中に知られるようになった。北方の荒々しい自然を背景に繰り広げられる戦士たちの壮絶な死闘と,彼らを慕う娘たちの愛と死の歌物語は,フランスやイギリスのロマン主義運動に大きな影響を与えたが,ドイツではヘルダーの《オシアン書簡》(1773)によって真価が見いだされたあと,ゲーテの《若きウェルターの悩み》第2部の終りに,その一部がきわめて効果的な仕方で挿入されたことにより,不朽の生命を得ることになった。…

※「マクファーソン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

マクファーソンの関連キーワードインバネス担い発条インバネス城インバネス大聖堂吊るしんぼワインバーハバネロネス[湖]インバネスコートガバネス

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マクファーソンの関連情報