コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マクベス Macbeth

翻訳|Macbeth

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マクベス
Macbeth

イギリスの劇作家シェークスピアの悲劇。5幕。 1606年頃執筆,初演。ホリンシェッドの『年代記』 (第2版,1587) に材を取り,スコットランドの武将マクベスが魔女の予言に惑わされ,夫人と共謀してダンカン王を殺し王位につくが,夫人は狂死し,マクベスも討たれる。良心の呵責に悩み,ついに厭世観に陥る主人公の心理を克明に描いた名作。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

マクベス(Macbeth)

シェークスピアの四大悲劇の一。5幕。1604~1606年作。スコットランドの武将マクベスは魔女の予言と妻の教唆野心をつのらせ、王ダンカンを暗殺して王位を奪うが、のちに王の遺児らに倒されるまでを描く。
リヒャルト=シュトラウス交響詩。1886年から1888年にかけて作曲。初演後改訂。に基づく。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

マクベス

シェークスピア作の悲劇。5幕。推定初演1606年。スコットランドの武将マクベスが魔女や夫人にそそのかされて王や同僚を次々と殺し,やがて簒奪(さんだつ)した王位から没落するまでの物語。
→関連項目インバネス

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

マクベス

1971年製作のアメリカ映画原題《Macbeth》。シェイクスピア同名戯曲の映画化。監督:ロマン・ポランスキー、出演:ジョン・フィンチ、フランセスカ・アニス、マーティン・ショウ、ニコラス・セルビーほか。

マクベス

イタリアの作曲家ジュゼッペ・ヴェルディのイタリア語による全4幕のオペラ(1847)。原題《Macbeth》。シェークスピアの同名の戯曲を題材にした作品。

マクベス

1948年製作のアメリカ映画。原題《Macbeth》。シェイクスピアの同名戯曲の映画化。監督:オーソン・ウェルズ、出演:オーソン・ウェルズ、ジャネット・ノーラン、ダン・オハーリー、ロディ・マクドウォールほか。

マクベス

ドイツの作曲家リヒャルト・シュトラウスの交響詩(1889-90)。原題《Macbeth》。シェークスピアの同名の戯曲に基づく。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

マクベス【Macbeth】

イギリスの劇作家シェークスピアの四大悲劇の一つ。1606年ころ作。題材はR.ホリンシェッドの《スコットランド年代記》(1577,増補版1587)をかなり自由に改変して用いている。スコットランド出身の国王ジェームズ1世の求めに応じて宮廷での特別の上演用に書かれたものだとする説もある。スコットランドの勇将マクベスは,凱旋の途中3人の魔女から自分が王になると告げられ,男まさりの夫人の教もあって,自己の居城に滞在中のダンカン王を殺して王位につく。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

マクベス【Macbeth】

シェークスピアの四大悲劇の一。1605年頃作。スコットランドの武将マクベスは魔女の予言と妻に唆そそのかされ、王ダンカンと僚将バンコーを殺し王位を僭せんするが、王の遺児の討伐軍によって討たれる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マクベス
まくべす
Macbeth

イギリスの劇作家シェークスピアの五幕悲劇。創作年代については異説があるが、少なくとも現在の形をとったのは1606年のことである。歴史家ホリンシェッドの『スコットランド年代記』(1587)から取材したもの。
 スコットランドの武将マクベスは魔女の予言に心を動かされ、男勝りの夫人の扇動を受けて、自分の居城を訪れてきた国王ダンカンを殺して王位につき、さらに、その子孫が王者となると予言されている友人バンコー父子の暗殺を謀るが、息子は逃亡してしまう。マクベスの暴政を呪(のろ)う声は全国に広がり、反乱が起こる。彼はふたたび魔女の予言を求め、バーナムの森が動いたり、女の腹から生まれない男が出現するまでは敗れることはないとの自信を得る。しかし、ダンカン王の遺児マルカムをいただきマクダフに率いられた軍隊は、森の枝をかざして姿を隠しながらマクベスの城に進軍する。夫人狂死の報に暗澹(あんたん)たるマクベスは、最後の勇気を奮い起こそうとするが、マクダフは母親の腹を切り開いて生まれたと聞いて、絶望的な一騎打ちに敗死する。夫人は最初国王殺害という事柄の意味を理解しえなかったが、やがて自分たちの行為の意味をおぼろげながら意識するようになり、夢遊病にかかったすえ、狂乱のうちに身を投げて死ぬ。シェークスピア悲劇のなかでもっとも短く、進行のテンポも速いが、マクベスが国王殺害の直後に自分の安眠を殺してしまったことを悟り、手に付着した王の血は大海の水を使い尽くしても洗い落とせないと罪の償いえないことを意識しながら、その意識との必死の葛藤(かっとう)を重ねてゆくところにこの悲劇の本質がある。[小津次郎]
『『マクベス』(野上豊一郎訳・岩波文庫/三神勲訳・角川文庫/福田恆存訳・新潮文庫) ▽小田島雄志訳『シェイクスピア全集29 マクベス』(1983・白水社) ▽小津次郎訳『マクベス』(『シェイクスピア全集7』所収・1967・筑摩書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のマクベスの言及

【アイロニー】より

…これが劇的アイロニーの効果である。《マクベス》のなかで,自分を殺す計画があることを知らぬダンカン王が,マクベスの居城や人柄をほめたたえるのは,このアイロニーの有名な例である。(3)〈ロマンティック・アイロニー〉はドイツ・ロマン派に始まる概念だが,その後一般化されて,イリュージョンの形成と自己破壊,それに伴う自己憐憫(れんびん)と自己嘲笑の交錯がもたらす文学的効果をさす。…

【歴史劇】より

…およそ1580年代から1630年代ぐらいまで盛んであった年代記史劇は,散文による年代記を資料として,劇としては中世の道徳劇から発達してきたものであった。 しかし,もう少し広く〈歴史劇〉を解することも可能であり,その場合,シェークスピア作品の中では,《リア王》や《マクベス》も〈歴史劇〉と呼ぶことができるし,また,やはり〈悲劇〉の中に入れられている〈ローマ史劇〉の一連の作品も広義の歴史劇と言うことができる。《タイタス・アンドロニカス》や《ジュリアス・シーザー》《アントニーとクレオパトラ》《コリオレーナス》などがそれで,これらはプルタルコスの《英雄伝》などを資料として書かれたものである。…

※「マクベス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

マクベスの関連キーワードバリー・ヴィンセント ジャクソンムツェンスク郡のマクベス夫人マーガレット タイザックシェークスピアの四大悲劇スティーヴン コリンズリンジー バクスターシェイクスピア21ド・クインシーアンダーソンシドンズ夫人ビビ ベシュクッシュマン金田美穂子古坂るみ子安田依通子貝谷八百子グラミス城コーダー城戸田れいレスコフ

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

マクベスの関連情報