コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マグナ・グラエキア マグナグラエキア

百科事典マイペディアの解説

マグナ・グラエキア

大ギリシアの意で,南イタリアの古代ギリシア人植民市群をさす。前8世紀以来植民市建設が進み,キュメ(クマエ),シュバリス,タラス(タレントゥム)等は有名。イタリアにおけるギリシア文化の中心だったが,前3世紀末までにはほとんどローマの支配下に入り,ポエニ戦争などで荒廃。
→関連項目タレントゥム

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マグナ・グラエキア
まぐなぐらえきあ
Magna Graeciaラテン語

多数のギリシア植民市が建設された南イタリアの古代における呼称。「大ギリシア」の意。ギリシア語ではメガレ・ヘラスMegale Hellasといった。紀元前750年ごろのキメ(ラテン語名はクマエ)をはじめ、ギリシア人の植民市が多数建設され、農業と商業で栄え、ここに開花したギリシア文化は、エトルリア人やローマ人にも大きな影響を与えた。前4世紀から衰退が始まり、前3世紀なかばまでにローマの支配下に入った。[清永昭次]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

マグナ・グラエキアの関連キーワードレッジョディカラブリアイタリア文学シチリア島ローマ美術イタリア史タラントマラリア

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android