コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マコガレイ Pseudopleuronectes yokohamae

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マコガレイ
Pseudopleuronectes yokohamae

カレイ目カレイ科の海水魚。体長 45cm。眼は体の右側にあり,口は小さい。有眼側の体色は暗褐色。アマテガレイ,マコ,マガレ,ホソクチなどとも称される。北海道南部から大分県,東シナ海北部,黄海ポー(渤)海に分布する。食用に供され,夏が最も美味とされる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

マコガレイ

カレイ科の魚。地方名マコ,モガレイ,アマテ,アマガレイなど。全長20〜30cm。眼は体の右側にある。有眼体側は暗褐色で黒褐色斑が散在。北海道南部以南に分布するが,南日本に多い。
→関連項目カレイ

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

栄養・生化学辞典の解説

マコガレイ

 [Pleuronectes yokohamae].カレイ目カレイ科の海産魚.45cmになる.食用にする.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マコガレイ
まこがれい / 真子鰈
marbled sole
[学]Pleuronectes yokohamae

硬骨魚綱カレイ目カレイ科に属する海水魚。北海道中部から大分県付近までと、朝鮮半島沿岸、黄海、渤海(ぼっかい)および東シナ海に分布する。暖海性のカレイで、南日本に多い。体は楕円(だえん)形、口は小さく上顎(じょうがく)の後端は目の前縁下に達する。側線は胸びれの上方で強く湾曲する。
 水深120メートル以浅の沿岸に生息する。おもに多毛類、カニ類、二枚貝など底生小形動物を食べる。雄は12センチメートル、雌は15センチメートルで成熟する。産卵は11月から翌年4月に、岸近くの岩礁域や内湾で行う。卵は沈性粘着卵で、その径はおよそ0.8ミリメートル。孵化(ふか)した仔魚(しぎょ)は全長3ミリメートル前後で、浮遊生活をする。体長10ミリメートルほどで着底し、波打ち際で生育する。1年で8センチメートル、3年で15~20センチメートル、5年で30センチメートルぐらいになり、体長45センチメートルに達する。刺網(さしあみ)、小型底引網、定置網などで漁獲される。煮つけにすると美味だが、産卵期の冬ではまずい。
 大分県日出(ひじ)町に木下侯の城跡があり、この城の近くの海岸でとれるマコガレイをシロシタガレイ(城下鰈)と称し、刺身にして賞味する。マガレイに似ているが、マガレイは無眼側に黄帯があるのに対して、マコガレイは一様に純白色であり、両眼の間に鱗(うろこ)があることなどで区別ができる。[尼岡邦夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

マコガレイの関連キーワードシロシタガレイ(城下鰈)バイオテクノロジーマガレイ(真鰈)シロシタガレイ姫島かれい城下カレイクチボソイワムシ城下鰈底魚

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

マコガレイの関連情報