コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マザーリ・シャリーフ マザーリシャリーフ

2件 の用語解説(マザーリ・シャリーフの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

マザーリ・シャリーフ

アフガニスタンの北部の都市。アフガン・トルキスタン地方の中心都市で,ウズベキスタンとの国境に近く,バルフ川沿いに位置する。地名は〈聖者の墓〉の意で,15世紀にここで発見された第4代カリフの墓に由来する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マザーリ・シャリーフ
まざーりしゃりーふ
Mazr-i-Sharf

アフガニスタン北部、バルク州の州都。人口約23万2800(2001推計)。アフガン・トルキスタン最大の都市で、付近の灌漑(かんがい)耕地で産する農産物の集散地である。織物、革なめし、干しぶどう、兵器などの工場もある。住民はウズベク、トルクメン、タジクの諸族からなる。15世紀にイスラム第4代カリフのアリーの墓といわれるものが発見されて墓廟(ぼびょう)ができ、以来その門前町として繁栄した。1852年に中央政権に服し、アフガニスタン領となった。[勝藤 猛]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マザーリ・シャリーフの関連キーワードヘラートムルタンアフガンアフガン編みアフガンハウンドカンダハルアフガン侵攻部族地域9・11とアフガニスタンアフガニスタン難民

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone