コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マザーリ・シャリーフ マザーリシャリーフ

百科事典マイペディアの解説

マザーリ・シャリーフ

アフガニスタンの北部の都市。アフガン・トルキスタン地方の中心都市で,ウズベキスタンとの国境に近く,バルフ川沿いに位置する。地名は〈聖者〉の意で,15世紀にここで発見された第4代カリフの墓に由来する。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マザーリ・シャリーフ
まざーりしゃりーふ
Mazr-i-Sharf

アフガニスタン北部、バルク州の州都。人口約23万2800(2001推計)。アフガン・トルキスタン最大の都市で、付近の灌漑(かんがい)耕地で産する農産物の集散地である。織物、革なめし、干しぶどう、兵器などの工場もある。住民はウズベク、トルクメン、タジクの諸族からなる。15世紀にイスラム第4代カリフのアリーの墓といわれるものが発見されて墓廟(ぼびょう)ができ、以来その門前町として繁栄した。1852年に中央政権に服し、アフガニスタン領となった。[勝藤 猛]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

マザーリ・シャリーフの関連キーワードマザーリ・シャリーフアフガニスタン

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android